片思い切符と両思い切符の違いは?当たる確率やいつから始まったジンクス?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
片思い切符と両思い切符の違い!当たる確率はいつから始まったジンクス?
スポンサーリンク

両思い切符というジンクスがあるのをご存知でしょうか?

電車や新幹線の切符の番号から、意中の相手と両思いになれるかどうかや相性を占うものです。

本記事では、

  • 片思い切符と両思い切符の違い
  • 両思い切符を引く確率
  • いつから始まったジンクスなのか

について、ご紹介いたします。

スポンサーリンク
CONTENTS

片思い切符と両思い切符の違い

両思い切符とは、

  • 切符の両端が同じ数字のもの
  • 四則演算して0になるもの

    ※地域によって若干定義が異なります。

のどちらかに該当するものです。

その数字から、お相手との相性を占いことができます。

両思い切符の両端0やゾロ目、100パーセントの見方など詳しくはこちらで解説していますので、ご覧ください。

両思い切符を引くと、お相手と両思いだということを意味します。

反対に、それ以外の切符のことを、片思い切符といいます。

片思い切符を引いた場合、お相手とは気持ちが通じていないことを意味するのです。

両思い切符を引く確率

両思い切符を引く確率は、どのくらいなのでしょうか?

四則演算して0になる切符という意味では、かなりのパターンが存在するのですが、わかりやすく両端が同じものだけに限定して計算してみたいと思います。(こちらの意味のほうが有名ですし)

1桁目と4桁目が同じになる切符を両思い切符とした場合、

0000から0999の1000枚には0枚、
1000から1999の1000枚には、1001,1011,1021……1971,1981,1991の100枚、
そして9000から9999までの9回

両思い切符は、0000から9999の10000枚に、900枚ある計算になります。

つまり、両思い切符に当たる確率は、900/9999=約9%です。

9999までいくとまた0000からスタートする仕組みになっています。

両思い切符はいつから始まったジンクス?

両思い切符を初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

このジンクスは、一体いつから始まったのでしょうか?

Googleトレンドという検索ボリュームを測るツールで「両思い切符」を調べてみると、2004年には既にこの概念があったことがわかります。

そして、ICカードの普及とともに切符を使う機会が少なくなってから、徐々に検索ボリュームが減っていることがわかります。

Twitter(X)でも、現在大人になっている方が、高校生の時に流行ったジンクスだという声もありますね。

インターネットが普及したのは1995年なので、ネット上ではそれ以上に記録は追えませんが、1900年代後半から始まったジンクスだと考えるのが妥当でしょう。

ネットがなかった時代では、各地で口コミで両思い切符の概念を伝えられてきたのかもしれません。

また、数秘術で見る切符番号占いのスピリチュアル的な意味については、以下にご紹介しています。

切符番号からさらに深い意味を紐解きたい場合は、併せてご覧ください。

もっと詳しく知りたい方はプロの占い師に無料で相談してみない?

物事の意味を知りたい時、いつもどうしていますか?

おそらくネットで検索をして、答えを探す場合が大半でしょう。

でも、現在あなたが置かれている状況によって、意味合いは大きく異なります。

だから、あなたのケースに合った細かな意味までは、なかなかわからないもの。

そんな時は、プロの占い師に直接相談しているのが絶対的におすすめ!

本サイトでは、怖いくらい当たる本物の占い師を、【厳選して5名】ご紹介しています!

初めての鑑定で、名前、生年月日などは一切言ってないのに、彼の言葉や行動、性格、容姿まで的確に言って頂き、本当に見えてるんだなぁと鳥肌が立ちました!

先生とお話を終えた、1時間後に何とLINEで返事が来ました!

今回片思いの彼についての相談をしたのですが、出会いや関係性などをどんぴしゃに当てられました…!そんなにポピュラーなものでもないのに…本当に視えてるんだって思いました。。。

そんな声が挙がる本物の占い師を暴露しているので、ぜひご覧くださいね。

【体験談】恋愛相談が怖いくらい当たった占い師5選!片思いや復縁に強い電話占い

\今だけ無料相談できるポイント付/


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Oraのアバター Ora 占い師

何気ない日常の出来事に対して、スピリチュアルな意味をまとめていきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


CONTENTS