WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援

    2021 11.
    5

    【初心者向け】DXとは何か?導入のメリットや課題は?

    DX
    筆者

    さまざまな分野の企業で導入されている『DX』について、ご存知ですか?言葉では聞いたことはあっても、詳しい内容まではわからない方がいると思います。この記事では初心者の方へ、DXについてわかりやすく解説いたします。〜write by ハル〜

    矢印

    DX(デジタルトランスフォーメーション)について、どこまでご存知でしょうか?

    現在、このDXというものがさまざまな分野で導入されています。また、今の私たちの生活の中にも広く浸透しており、非常に身近な存在となっています。

    しかし、言葉では聞いたことはあっても、その中身についてはよくわからないという方もいるかと思います。

    そこで、この記事では初心者の方のために、DXとはどんなものなのか。日本はどんな課題を抱えているのか。そして、企業に導入することでどんなメリットがあるのかについて解説します。

    関連記事
    DX化を進める企業から学ぶ!スタートアップにおけるDXの活用方法とは?

    そもそもDXとは何?

    まずは、DX(デジタルトランスフォーメーション)とはどんなものなのかについて、初心者の方へわかりやすく言えば「デジタルによる変化で私やあなたの生活がより豊かになる」ということです。

    DXを直訳すると「デジタルによる変化」です。デジタル技術が人々の生活やビジネスに浸透することで、さらに良い暮らしやビジネスへ変化するという意味を持ちます。

    では一体、どんなものが私たちの生活に良い影響を及ぼしているのか、下記の項目で説明していきましょう。

    私たちの生活でのDX

    実際に、このDXによって今の人々の生活は変わってきています。あなたの生活の一部にも、DXが関わっているのではないでしょうか?

    例えば、今では当たり前のようにインターネット上で検索して購入できる「ファッション通販サイト」が当てはまります。

    また、料金を払うことで一定期間サービスを利用できる、Amazonプライム等の「サブスクリプション」や、コロナ禍で大活躍した「Uber Eat(ウーバーイーツ)」なども。その他に、銀行口座開設や映画チケットの購入も、インターネット上で手続きを済ませられます。

    このように、DXのおかげで私たちの生活は確実に豊かになってきています。

    ビジネスの世界でのDX

    ビジネスの世界では、このDXが必要不可欠となっています。その大きな理由としては、上記で述べたようにインターネットを利用する顧客が増加しているからです。

    近年では、スマホを使ってオンラインショップでの商品購入や、銀行の口座開設手続きなどが、インターネット上で済ますことができます。このようにデジタル技術は、分野を問わずに用いられるようになりました。

    さまざまな分野の物事が、インターネットだけで済ませられるようになったことで、顧客の消費行動も変化してきました。そして企業側は、この顧客の消費行動やニーズにきちんと対応できるように変化しなければいけません。

    そのためにもDXを用いて、顧客の消費行動やニーズに沿ったビジネスへと展開し、生産性や業務効率をアップさせる必要があります。

    既存のビジネスだけでは、企業の激しい競争に負けてしまいます。ですので、現時点でDXを導入できていない企業は、このままでは社会的に生き残ることが難しいと言われています。

    反対に、DXをうまく導入できている企業ほど、社会的に優位な立場へと成長することができるのです。

    DX導入のメリットとは?

    続いて、DXを導入した際のメリットについて3つご紹介します。

    生産性・業務効率の向上

    まずは、企業の生産性・業務効率の向上が挙げられます。

    DXを導入することで、今まで紙やアナログで処理していた業務を、デジタルで対応することができます。このように、人間が自分の手を使って行っていた業務を自動化にすることで、業務効率が向上し、人件費を抑えることができます。

    また、業務効率が上がることによって、重要度・優先度が高い業務へ取り掛かることができるため、企業の生産性をさらに高めることも可能です。

    生産性・業務効率の向上が、企業の売上に繋がるので、非常に嬉しいメリットです。

    革新的なサービス・ビジネスモデルに繋がる

    DXを用いることで、新しいサービス・ビジネスモデルの開発に繋がるデータを取得することができます。

    例えば、あなたがネットでお買い物をした際、購入したものに関連する別の商品がおすすめに表示されたことはありませんか?実はこのシステムも、DXによって行われています。

    このように、SNSなどから顧客のデータやニーズを分析することで、顧客の消費行動に合ったサービス・ビジネスモデルへと変革させることができます。顧客の行動を捉えられるようになると、企業の売上にも繋がります。

    DX導入で取得したさまざまなデータを活用して、企業の新しい価値を創出することが可能となるのです。

    環境の変化に対応しやすくなる

    2020年に流行し始めたコロナウイルスをきっかけに、テレワークを利用する機会が急増しましたよね。

    コロナ前からすでにDXを導入していた企業は、テレワークへの移行が比較的スムーズに行えました。その一方で、導入ができていなかった企業は、うまく移行できなかったり、トラブルが発生したことも。

    DXを導入することで、コロナの他にも、自然災害のような緊急事態へ柔軟に対応できるようになります。このように環境の変化に対応できるようになると、業務への支障も最小限に抑えられるので、とても便利です。

    日本の企業が抱えるDXの課題とは?

    日本には、まだDXを導入できていない企業がたくさんあります。それはなぜでしょうか?

    ここでは、DX導入の実現を妨げている課題について、3つご紹介します。

    企業の具体的な経営戦略が示されていない

    今の日本には、DXの必要性を感じていても、実際に導入したあとのビジョンがはっきりしていない企業が多数存在します。

    DXは、ただ導入すれば良いというわけではありません。導入後のビジネスをどう変化させていくか、企業の経営戦略がしっかり示されていないと失敗する可能性が高いです。

    成功させるためには、

    ・企業の経営トップが責任を持って戦略をしっかり立てること
    ・社内組織全体にその戦略を認識してもらうこと
    ・経営トップが中心となって、社内組織全体を引っ張りながらDXを推進すること

    これらが重要なポイントになります。

    既存システムが負担になっている

    日本の多くの企業は、何十年も前に開発された、時代遅れで古い既存システムを使用しています。DXを導入するためには、この老朽化した既存システムを新しく入れ替えて、データを連携させなければいけません。しかし、ここで問題があります。

    当時、既存システムを開発した人や担当していた人が退職してしまい、システムの内部構造や動作が誰にもわからない状態になっているのです。

    この問題のせいで、DXのためにデータを連携させたくてもできず、導入が困難な状況になっています。データを活用できなければ、今後のビジネスの変革はできません。

    社内のデジタル人材の不足

    日本の企業の社内では、DXの実現に必要不可欠なデジタル人材が不足しています。それはなぜでしょうか?

    その理由は、企業の今後の経営戦略や、新しいビジネス開発を、外部企業へ依頼していることが原因と言われています。外部企業に任せっきりの状態では、社内でDXのノウハウを積める機会や、デジタル人材を育成できるチャンスがなくなってしまいます。

    そうならないために、社内で率先してデジタル人材を育成する機会を設けなければいけません。社内でDXを推進できる人材を確保できれば、企業にとって強い戦力になります。

    まとめ

    さて、DXの意味やメリット、課題などについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?ここまでの解説を、初心者の方に「わかりやすかった」と思っていただけたら幸いです。

    企業が今後も社会的に生き残るためには、DX導入は必要不可欠です。しかし、導入実現のためにクリアしないといけない課題が多いため、現段階ではDXに取り組めていない企業はたくさんあります。

    そんな中で、DXをうまく活用し、成功している企業ももちろん存在します。そこで次回は、成功している企業とその事例について解説しますので、そちらも是非参考にしてみて下さい。

    関連記事
    DX化を進める企業から学ぶ!スタートアップにおけるDXの活用方法とは?

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend