WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援

    2021 9.
    27

    withコロナ時代に新しい挑戦を!ホテル業界がチャレンジしている取り組みを紹介

    チャレンジ
    筆者

    コロナの影響により宿泊者が激減、ホテル業界は苦境に立たされ厳しい状況に追い込まれている状況ですが、各社で生き残りをかけた新しい取り組みが行われています。今回は、ホテル業界のこうした新しい挑戦について紹介していきます。

    矢印

    コロナの影響により宿泊者が激減、ホテル業界は苦境に立たされ厳しい状況に追い込まれている状況です。しかし、先行きが不透明なこの状況の中、生き残りをかけた新しい取り組みが行われています。今回は、ホテル業界の新しい挑戦について紹介していきます。

    関連記事
    コロナに負けずに戦う人を応援するクラウドファンディング

    コロナ禍でも成長し続ける注目したいスタートアップ

    コロナで苦境に立たされたホテル業界

    2019年以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受け影響により厳しい状況に追い込まれた企業は多数あります。特にホテル業界への影響は中でも深刻で、海外からの外国人観光客の受け入れ規制や、緊急事態宣言の発令や外出自粛の影響による国内旅行者、出張者の宿泊が激減し経営が厳しい状況が続いているのが現状です。
    帝国データバンクでは、2000年度以降で宿泊事業を主業とする事業者〈法人・個人事業者、負債1000万円以上、法的整理)〉について集計・分析した内容を発表しました。

    過去最高の倒産件数を記録

    2020年度の宿泊業者の倒産件数は、前年度比の66.7%増加し増加率が過去最高を記録しました。これはリーマン・ショックを受けた2008年度や東日本大震災直後の2011年度に次いで過去3番目に多い件数となりました。

    全体の56.0%が1億円以上の負債を抱える

    1億円〜10億円の負債を抱える宿泊業者が全体の56.0%にも及ぶことが今回の集計・分析結果で判明しました。負債総額は前年度比 10.9%増の863億6600万円にものぼります。
    特に東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、多数の外国人観光客や宿泊客を見込んだ新規開業や施設の改修を行っていたホテル業界にとってこのタイミングのコロナ禍による影響は、宿泊客激減に加えた大打撃となったといえます。

    半数以上のホテルが売上80%以上減少

    日本政策金融公庫が2020年6月にホテル業界を対象に実施した調査結果によると、「売上減少幅が80%以上」と回答したホテル企業が全体のおよそ54.6%、「売上減少幅が50%以上」のホテル企業は全体の約89.6%にもなるとのことです。

    withコロナを見据えた新しい取り組みを行うホテル業界

    コロナの影響により苦境に立たされたホテル業界ですが、生き残りをかけ様々な新しい取り組みがなされています。

    新規衛生基準・ホスピタリティ規範設定の設定

    今までにない新規の衛生基準やホスピタリティ規範を整備することで、宿泊者とホテル従業員を守る安全措置の強化を図る取り組み。世界保健機関(WHO)が推奨する消毒剤の使用や、サーモグラフィカメラを設置、ホテル内の定期的な消毒作業、人と人が一定の距離を保つソーシャルディスタンスを促すの看板の設置、フロントカウンターでの仕切りを作るなど整備されつつあります。さらに、ルームキーや自動精算機などの多くの人が触れる機会が多いものに関しては、スマートフォンで対応可能になるシステムやツールの導入も検討されています。

    膨大な費用がかかる改善を避け、今あるサービス改善で満足度向上へ

    ホテルの大規模な改修や設備機器の導入など、莫大な費用がかかる改善は経営が困難な現状では難しい状況です。そこで食材の変化やアイデアによりホテル内で提供される食事を改善することで、顧客満足度を高める取り組みがなされています。人は最後に体験したことが強い印象として記憶に残るという「ピークエンド効果」を利用した朝食の改善、宿泊者の客室にシェフを派遣しフランス料理のコース料理が食べれるサービスなど、今あるサービスを改善することにより顧客満足度の向上をはかる取り組みがみられます。

    ワーキングスペースとしてホテルの部屋を活用

    新型コロナウイルスの影響により外出自粛により、会社へ出勤せず時間や場所に囚われない働き方であるリモートワークが急速に広まりました。しかし、中々自宅で仕事をすることが困難な人や、外出自粛によるストレスを抱える人も増え、快適な環境を求める人も増えています。そんな人々のためにホテル業界では宿泊施設の部屋をワーキングスペースとして改装し、新たなサービスとして提供する取り組みが誕生しました。

    「Work」(仕事)と「Vacation」(休暇)をかけあわせた”ワーケーション”や「Stay」(滞在)と「Vacation」(休暇)をかけあわせた”ステイケーション”などはその一つで、今回のコロナをきっかけに知ったという人も多いのではないでしょうか。あえて近場のちょっと贅沢なホテルに滞在し、出かけることなくゆったりとホテルステイを楽しむステイケーションは、普段の仕事が在宅でのリモートワークへと変化した人々にとっては、まさに最高の休暇の過ごし方といえるでしょう。

    ECサイトやデリバリーサービス

    2019年以降の外出自粛を受け止む負えず休業を余儀なくされたホテル業界では、ホテルの食材や料理を自宅にいながらでも楽し無事ができるよう、真空パックにした商品の開発や、売店のオリジナル商品をネットで販売したりと、ホテルや旅館に特化したECサイトも誕生し注目を集めています。

    実際にどんな取り組みをしているのか

    ここでは有名なホテル3社を例に、実際にどのような取り組みをしているのか紹介していきます。

    【帝国ホテル】月額36万円サブスクで「サービスアパートメント」

    老舗である帝国ホテルは「サービスアパートメント」という新しいサービスの取り組みを開始しました。30日間の宿泊がサービス料金、税込で月額36万円で約30平方メートルのスタジオタイプに滞在する事ができます。

    サービスアパートメントは他のいくつかの外資系ホテルが既に東京でサービス開始しています。通常の宿泊者から見ると、一般的には日本を代表する高級ホテルに30日宿泊して36万円という価格は安いといえるでしょう。

    ホテル側からみてもこのコロナ禍において、通常のホテル利用としての需要が期待できない中、全体の固定費を少しでもカバーしつつ、利益にプラスとなる取り組みになるでしょう。

    【ホテルニューオータニ】今流行りのサウナを取り入れた新しい取り組み

    ホテルニューオータニでは例年、夏以降は使用されなかった屋外プール施設をアウトドアサウナとして活用した新しい取り組みを開始しました。プールサイドにはテント型のサウナを設置し、プールは水風呂として利用するプラン。サウナの利用は1グループで1つのテントのため、他の利用者とのとの接触も避けられる事ができます。サウナで体の芯まで温まったらシャワーで汗を流しそのままプールへ。プールにはプロジェクションマッピングが投影されており、人を感知してその周りにアートを映すことでソーシャルディスタンスを自然に保てるよう工夫されています。

    こうした、今流行りのサウナやアウトドアを取り入れることで、旅行や外出を控える人々にホテルにいながら「バカンス」を楽しめる「ホカンス」として提供しています。

    【プリンスホテル】ホテルにも「フレックスタイム」客室内でエクササイズも

    プリンスホテルは、24時間いつでもチェックイン可能で最大10時間滞在できるプラン「フレックス10」を都内8か所のプリンスホテルで実施しています。また、客室内ではMTGが展開するEMSオンラインジム「SIXPAD HOME GYM」が体験できるコラボ企画開始、リモートワークの増加や密を避けての時差通勤、終電繰り上げなどのコロナによる人々の行動の変化に対応したサービスを開始しました。

    フレックス10は24時間いつでも好きな時間にチェックインでき、そこから最大10時間客室を利用が可能です。ホテルでの滞在はリモートワークの時間として利用したり、一時的に家族と離れ、落ち着いてゆったりと1人の時間を過ごすことも可能です。

    SIXPAD HOME GYMは、宿泊部屋に専用バイクなどのトレーニングに必要な製品が完備されたプランもコラボ企画として開始。トレーニングジムへ通う人々のウイルス感染対策になるだけでなく、自宅にトレーニングバイクを置くことが難しいという利用者も、周囲を気にせず思いきり集中してトレーニングが楽むことが可能です。

    まとめ

    コロナ渦において人々の生活も大きく変化しました。このホテル業界の取り組みは、そんなコロナ渦で変化した私たちの生活に合わせて様々な取り組みがなされています。 未だ自粛生活が続く中、こういったホテル業界の取り組みは私たちにとっても定期的なストレス発散の手助けにもなります。また、コロナ収束後のホテル業界においてホテル利用の新しい形としても今後の発展が楽しみですね!

    関連記事
    コロナに負けずに戦う人を応援するクラウドファンディング

    コロナ禍でも成長し続ける注目したいスタートアップ

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる