WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる
    2022 6.
    4

    【解説】メタバースとは何か?どんな可能性があるの?

    メタバース
    筆者

    私たちもよく使用するFacebookが社名をmetaにしたことで注目が集まっている「メタバース」ですが、メタバースとは何か、またどんな可能性があるかご存知でしょうか。今回はそんなメタバースについて解説していきます。

    矢印

    私たちもよく使用するFacebookが社名をmetaにしたことで注目が集まっている「メタバース」ですが、メタバースとは何か、またどんな可能性があるかご存知でしょうか。今回はそんなメタバースについて解説していきます。

    関連記事
    【初心者必見】今話題のNFTって何?意味や特徴、具体例などをわかりやすく解説!

    【初心者向け】バーチャルプロダクションとは?定義やメリット、導入事例を解説!

    メタバースとは?

    メタバース(metaverse)とは、英語のmeta(超越)とuniverse(宇宙)の造語で1992年にニール・スティーヴンスンのSF小説である「スノウ・クラッシュ」で出てくる架空の仮想空間サービスの名前から由来します。VR(仮想空間)に作り上げられた空間でアバターを使用し、コミュニケーションや仕事など今の日常に近い行動をネットワーク上の仮想空間やサービス内で行うことが可能になる「次世代コミュニケーションプラットフォーム」のことです。

    メタバースでは、VR用のゴーグルを使用し仮想空間の中へ入ります。仮想空間内では今までゲーム内でキャラクターを利用しゲームの世界で動き回っていたことが、ゴーグルと自身のアバターを介すことでより視覚的に体験することを可能にしました。

    未だメタバースは概念であり、明確な共通の認識や方針、ルールなどはまだありませんが、2021年にFacebookが社名をmetaに変えるなど、今後の私たちの生活に変化をもたらす可能性を秘めており今、世界的に注目されています。

    メタバースの利用方法と仕組み

    メタバースはVR(仮想現実)とAR(拡張現実)、MR(複合現実)などの技術を利用し現実と仮想を融合し再現、体験することを可能にする技術です。これらの技術は総称してXR(クロスリアリティ)とも呼ばれています。VRはVR用のゴーグルを用いることで非現実世界である仮想空間により入り込める特徴があります。ARは拡張現実の名前の通り、現実世界をベースに非現実的な情報やコンテンツ、映像などを重ねることができるという特徴があります。MRはARと同様に現実世界にコンテンツ、映像を重ねることのできる技術でARよりもよりリアルな感覚として体験できることが特徴です。MRメガネの利用により複数人が同時に同じ体験やコミュニケーションが取れることも大きな特徴です。メタバースではこういったXRの技術を背景に現実世界では体験できないことを体験することを可能にしたり、新たなサービスを生み出す可能性を秘めています。

    ビジネスの可能性

    実際にメタバースを利用した場合、どのようなビジネスの可能性があるかを見ていきます。

    不動産業界

    従来不動産の内覧には不動産会社へアポイントを取り、日取りを決めて実際の物件に行き内覧する必要がありました。しかし、メタバースを利用することで自宅にいながら実際の物件を内覧したかのような体験を可能にします。まだ建築中の物件も完成を仮定しデジタル化することで事前に内覧することも可能になります。実際に内覧した物件に自分が所有する家具や置きたい家具家電を想定し置いてみたり、インテリアのアイディアを仮想空間内で試すことも可能になります。

    また、仮想空間内にはすでにデジタル不動産市場が存在し、取引が行われています。このデジタル不動産市場は2022年には1,000億にもなるとされており不動産市場に大きな影響を及ぼすと言われており、メタバースが注目されている理由の一つでもあります。

    旅行・観光

    コロナウイルスの影響により世界的に旅行・観光業界は大ダメージを受けました。メタバースを利用することで実際の移動なく観光地を体験することが可能になるため、旅行・観光業界のデジタルマーケティングに変化をもたらすとされています。ユーザーは自宅にいながら海外や国内の観光地など実際に存在する場所の体験をすることができます。企業は体験ツアーなどで集客することができ実際の旅行へ促すなど今後のマーケティング方法に新たな可能性を広げることを可能にしました。また、非現実的な観光地なども仮想空間内に作ることで観光地の幅も拡大することが可能になるかもしれません。

    医療業界

    メタバースの利用は医療業界にも大きな影響を及ぼすと言われています。例えば治療や診察、遠隔での施術や研修や実際の施術のシュミレーションもよりリアルに近いものを体験することを可能にします。これらは、全世界での医療格差もなくすことができる可能性があります。また、メンタルヘルスケアなどにも利用でき仮想空間にて治療を行うことができるとより患者は容易にそれらのサービスを利用することができ、さらに現実世界では不可能だった視覚的な治療やリハビリの新しい方法などにも応用できるとされています。

    私たちの生活への可能性

    メタバースには明確な共通の認識などはないと述べましたが、現段階でのメタバースが普及した際にできることを例にとってみてみます。

    メタバース×ゲーム

    現在発売されているゲームの中にはメタバースに近い存在のものもいくつかあります。例えば「フォートナイト」や「あつまれ どうぶつの森」などはゲーム内のキャラクターを使用し、ゲーム世界の戦場で他のプレイヤーとの銃撃や島を好みの世界観に作り上げたりします。オンラインのゲーム内で他のプレイヤーとの交流なども可能です。オープンワールドのゲームなどもこのようにキャラクターを利用しゲームの世界を自由に動き回り、プレイヤー同士とコミュニケーションが可能です。メタバースでは自身がアバターとして参加可能になり、よりリアルな体験をすることができるでしょう。普段こういったゲームをプレイしている人にとってはメタバースへの心理的なハードルは低いかもしれません。

    メタバース×仕事

    コロナウイルスの流行によりリモートワークやZOOMでの会議など、自宅にいながら仕事や会議に出席する働き方が広まりました。現在のWeb会議はパソコン上に表示される画面の中の相手とコミュニケーションをとる方法ですが、メタバースが可能になると仮想空間の同じ空間内にて自身と相手のアバターを置き実際に対面して話している可能ような働き方が可能になります。プレゼンなどもよりリアルに近い形で行うことができ、さらに現実世界では不可能だったことも仮想空間内にてホログラムなどを使用し実現することも可能になるかもしれません。

    メタバース×バーチャルライブ

    今まで行けなかったライブやイベントは自宅で録画の映像などで鑑賞するしか方法がありませんでした。実際に足を運んだわけではないのでやはり臨場感やその場の感動を味わうことは難しいのが現状です。しかし、例メタバースを利用した場合、行けなかったライブやイベントを仮想空間内で楽しむことができ、実際にその場にいたかのような録画の映像のみでは得ることができない共有の感覚を得ることが可能になります。また、遠方で行けない海外のライブやイベントなどにもメタバースを利用し参加することも可能になります。

    メタバース×生活

    メタバースは実際の生活に近い形で仮想空間を再現することが可能です。デジタル化された街やビル、公園などは、現実世界とはまた別の生活を私たちにもたらしてくれる可能性を秘めています。渋谷未来デザインのプロジェクトである「バーチャル渋谷」では、仮想空間にデジタル化された渋谷で新しい文化やまちづくりが実際に行われています。2021年に開催された「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021」では世界中からおよそ55万人の人々が自宅にいながら参加しました。懸念されていたコロナウイルスの感染症拡大の防止にもなり、世界に向け日本の渋谷を発信するきっかけにもなりました。メタバースは、現実と仮想現実の融合によりアフターコロナの私たちの生活にも大きな変化をもたらすとされています。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。今までゲームやアニメの中の話だと思っていた仮想現実の実現が現実的なものになりつつあります。仮想空間と聞いても未だあまりイメージできない人は多いと思います。しかし、メタバースは私たちの生活により大きな変化をもたらし、より多くの選択肢を私たちは手にする可能性があることがわかります。企業やサービスが今後どのようにメタバースを利用していくか楽しみですね!

    RSSでは「RSSに協力いただける企業様」などを募集しております。お困りの企業様がいましたらお気軽にご相談ください。


    お問い合わせはこちらから
    https://r-startupstudio.com/contact/

    関連記事
    【初心者必見】今話題のNFTって何?意味や特徴、具体例などをわかりやすく解説!

    【初心者向け】バーチャルプロダクションとは?定義やメリット、導入事例を解説!

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend