WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援

    2020 2.
    18

    SDGsとCSRの違いとは?企業の「環境・社会問題への取り組み」は責任から活用へ

    RSS
    筆者

    企業が1990年代から取り入れ始めた環境問題に関する取り組み「CSR」。2015年に設定されたSDGsとどう違うのか?そして企業はSDGsにどう取り組むべきなのか?

    矢印

    貧困や気候変動など世界が直面する課題解決のため、2015年に採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」。

    採択から5年目を迎えるいま、企業でも事業計画にSDGsを盛り込むなど、SDGsの概念は確実に広まってきています。


    SDGsという言葉ができる前、企業が意識しているのは「企業の社会的責任(CSR)」でした。

    すでに多くの企業が取り組んでいるCSRと、最近できた言葉SDGs。

    企業の取り組みにおいては、同じではないかと思われる方も多いかもしれません。


    そこで、今回はSDGsとCSRの違いと、いま企業がSDGsをどのように取り入れるべきなのかについて解説していきます。


    関連記事
    5分ではじめるSDGs!プラスチックごみを減らす4つの方法

    SDGs 目標1:『貧困をなくそう』|日本や企業の取り組み事例と問題点とは?

    SDGs 目標2:『飢餓をゼロに』|食品ロスへの企業取り組みと日本でできる対策とは?

    SDGsとCSRの違い

    CSRとは信頼を得るための慈善活動です。

    企業が消費者・従業員・株主などから信頼を得るための社会貢献のことをいいます。

    これは企業の信頼を得ることで、企業は持続的な成長につながり、結果的に社会の持続性の向上に貢献するものとされています。


    「社会の持続性」という言葉を聞くとSDGsもCSRも同じようなものに見えますが、決定的な違いがあります。

    それは、CSRがいわば「社会をよくするためのボランティア」なのに対し、SDGsは「ビジネスを用いて社会をよくしよう」という考え方です。


    日本の企業が取り組んでいるCSRで最も多いのが環境保護だと言われています。

    森に苗木を植えるなど、環境を保護することに企業としてお金を使うのは素晴らしいことですが、社会課題を解決しつつ、ビジネスとしても成り立つ。この2つが交わった時に初めて取り組みを継続することができます。

    企業の本来の目的は、事業を行い売り上げを立てること。社会貢献は本筋ではありません。

    対してSDGsは「ビジネスを用いて社会をよくしよう」という概念なので、両立させることができます。

    課題解決力が企業の成長に繋がる

    CSRとSDGsの違いがわかったところで、実際にSDGsを事業に盛り込んでいる企業について見ていきます。


    日本経済新聞社がSDGsを経営の方針として加え、実行している企業を調査し格付けした結果、上位の企業ではROE(自己資本利益率)が高い傾向にあることが分かりました。

    ROE(自己資本利益率)とは、「投資家が投資したお金が、企業の利益にどれだけ繋がったか」を示しています。

    この数値が高いと「投資に値する会社」と見られ、一般的には株価や業績が上がると言われています。


    なぜSDGsによって成長が見込めるのか?

    それは、課題解決の力が新たなイノベーションを起こすからです。


    例えば今年は「ストロー」が大きくニュースで取り上げられました。

    プラスチック製のものはリサイクルがされるのですが、ストローのように小さい部品はリサイクルが困難で、ゴミとして処分されます。

    このようなリサイクルできないものは、海に流失しており、年間800万トンにものぼり、海に残り続けます。

    このような環境の問題もSDGsには含まれており、そこに着目した企業は紙製のストローや、木のストロー、シリコン製のストローなどを開発し、新たな市場を生み出しました。


    このように課題解決の活動がイノベーションを生み出し、新たな市場が広がる。

    SDGsが企業の”イメージ”だけでなく、”収益面”に対しても成長に繋がっていることが分かります。


    関連記事
    【ESGとSDGsの違い】:SDGs目標達成の手段の1つであるESGとは?

    サスティナブルファッションを徹底解説 / 環境や労働者に配慮した仕組みとは?

    「社会課題」に対する付き合い方に変化が起きている

    「企業は社会貢献をするべきだ」と、CSRが初めて叫ばれたのは1990年代です。

    当時、一部の大企業を中心に「乗り気ではないが仕方なく取り組んでいた」と言われています。2000年代に入るとCSRの概念が知れ渡り、多くの企業で取り入れられました。


    2010年に入り、CSRに積極的に取り組む企業が増えました。これはCSRを取り組むことで消費者や従業員から信頼を得られ、会社の評判が良くなるからです。直接的な利益には繋がらないものの、広告戦略として企業は取り入れました。


    そして、2015年にSDGsが設定され、これからはイメージだけではなく、収益の成長にも繋がるとして注目されています。

    最初は乗り気ではなかった「社会課題」も、今では新規事業や経営計画を作る際に用いられるほど、付き合い方に徐々に変化が起きています。

    新たな市場の開拓や、新たなイノベーションは「SDGs17のゴール」に関連したところから生まれてくると思われます。

    R-StartupStudioでのSDGsの動き

    R-StartupStudioでは、大きく分けて2つのSDGsに関する取り組みを行なっています。


    1つ目は「事業創造」です。

    R-StartupStudioでは、異なる領域・スキルを持った人が自身の得意分野で力を出し合い、プロジェクト単位で関わることにより、より大きな事業を次々と作り出すことを可能にしています。

    プロジェクトは社会課題を解決することを前提においており『7年間で2000のイノベーティブなプロジェクトを創出する』ことを目標に活動をしています。

    R-StartupStudioでは現在45個のプロジェクトが同時に進んでおり、その全てにおいてSDGsが軸となっています。


    2つ目は「社会課題に対する活動の支援」です。

    R-StartupStudioが運営する施設には、イベントスペースを設けています。

    オフィスになぜイベントスペースがあるのか?

    それは、社会課題に対する活動を支援したいという思いと、私たちの活動に共感してくださる方々とより多く繋がりたいという2つの目的があります。

    「自ら社会課題を解決するためにイベントを通して発信したい」と考えたときに、一番共感を産みやすいのが人口も多く、日本の中心地である東京だと思います。

    しかし、東京は物価が高いためイベントスペースを借りるには多額の費用がかかります。ましてやオシャレな会場を選ぶとなおさらです。

    そこでR-StartupStudioでは、社会課題に興味・関心のある人の発信活動を支援しようと、イベントスペースの提供を行なっています。

    また、イベントに来場された社会課題に興味・関心がある方の中で、私たちの活動に共感してくださる方を探しています。

    SDGsという国連が定めた大きな目標に対して、既存のメンバーだけでは力不足です。

    同じ思いを持った人が自分のできることで参加し、一緒にR-StartupStudioを作り上げていきたいという思いを込めています。


    R-StartupStudioは、今後も社会課題の解決へ向けて様々なプロジェクトを進めていきます。

    LINEにて最新情報を随時配信していますので、私たちの活動に共感してくださる方・興味のある方はぜひ友達追加をお願いいたします。
    LINE友達追加

    R-StartupStudio

    私たちR-StartupStudioは、「日陰を照らす太陽となれ」という理念のもと、自発的に与え高め合う革新的な文化の創造を進めています。

    異なる領域・スキルを持った人が自身の得意分野で力を出し合い、プロジェクト単位で関わることにより、より大きな事業を次々と作り出すことが可能に。

    そして、いま世界が抱える様々な社会課題を解決していくために、7年間で2000のイノベーティブなプロジェクトを創出することをミッションとし、様々なスタートアップの支援をおこなっています。


    “アイディアを持ちスタートアップをしたい方”と“コミュニティーに参加して共にスタートアップのサポートを行いたい方”のマッチングを行うことで、創業時のハードルとなる「知識」「経験」「技術」などを補い、スタートアップをより身近なものにしていきます。


    ・自らのアイディアを元にスタートアップを目指している
    ・今持っている知識や技術をスタートアップに用いたい
    ・将来的にスタートアップを立ち上げる為に、実際にサポートをしながら学びたい
    ・最先端のスタートアップで活動してみたい
    ・平日は会社に勤めているが、週末だけ自分のスキルを使って社会課題に取り組みたい
    ・子どもの教育に関心をお持っている
    ・若い世代の活動を応援したい

    このような方はぜひ下の画像をクリックし、公式LINEからご連絡ください。お待ちしています。


    おすすめ記事

    連続的に事業を生み出す仕組みスタートアップスタジオとは?

    アイドルエコノミーとは?余剰リソースを活用し新たな価値を生み出す最先端の思想

    【ディープテック】注目される理由や世界の事例を詳しく解説

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend