WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる
    2022 1.
    17

    失敗と難病から這い上がった、SmartHRの宮田昇始とは

    ストーリー
    筆者

    この記事では、クラウド人事労務ソフトである「SmartHR」の創業者、宮田昇始さんに焦点を当て起業のきっかけやサービスが生まれるまでのエピソードを紹介していきます。 ~Write by だいち・ゆうゆ~

    矢印

    2021年現在、コロナの影響を受け、リモートワークやZoom会議が急速に浸透しました。デジタル化が進んできたとはいえ、まだ日本の業務の多くは紙媒体がベースとなっています。会社員は今日も書類に手書きで記入し、判子を押しています。「このような煩わしい業務をもっと効率的に行うことができないのか?」という問題を解決しようと注目されているのが「SmartHR」です。

    この記事では、クラウド人事労務ソフトである「SmartHR」の創業者、宮田昇始さんに焦点を当て起業のきっかけやサービスが生まれるまでのエピソードを紹介していきます。

    関連記事
    組織作りもプログラミングと同じ!chatworkを作った山本正喜とはどんな人物?

    大学生のうちに起業したビジネスモデルの成功例とそのメリットとは

    世の中の不条理と向き合う宮田昇始の人物像

    宮田さんは、「世の中の不条理と戦いたい」という気持ちをずっと持ち続けています。この気持ちがSmartHR誕生に繋がります。世の中の不条理と戦う思いを持ち始めるきっかけが学生時代にありました。

    1984年に生まれ、熊本県出身の宮田昇始さんは山奥の家で育ちました。宮田さんは中高一貫の学校へ通い、寮生活を送っていました。しかし、そこでのルールが非常に厳しく理不尽なことが多くあったそうです。例えば、「中学生はテレビを見てはいけない」や「中学1年生はお風呂の椅子を使ってはいけない」等の縦社会ルールが多数ありました。

    様々な理不尽なルールがある中、宮田さんはそれらを破ることを楽しんでいました。服従心より反発心の方が強かったようです。その反発心から学歴・職歴で決まってしまう世の中に疑問を覚え、学歴などに頼らず自分の力だけでも生きていけることを証明したいという思いを持っていました。学生時代の環境が影響を与えていたのです。

    大学受験の際は、友人から願書を何枚かもらい適当に送付していたことや、就職活動でも友人に企業を選んでもらい面接を受けに行っていたなど破天荒な一面がありました。

    IT企業に就職した宮田さんは、Webディレクターとして働き、2度の転職を経た後2013年に株式会社KUFUを設立しています。2015年にはSmartHRをスタートさせ、現在会社の柱となるサービスとして急成長しました。その後2017年に、株式会社KUFUの社名を株式会社SmartHRへ変更しています。

    SmartHRとは?

    SmartHRは、企業の社会保険や雇用保険の手続きを1クリックのみで自動化するクラウドサービスです。従業員情報を入力しておくだけで様々な手続きに必要な書類を簡単に自動で作成でき、さらにそのままWeb上で役所に申請することが可能になるサービスです。これにより労務を担当している方の負担が大きく減ることでしょう。

    2015年に運用を開始したSmartHRは、現在登録企業数20,000社を超え、今もなお拡大を続けています。

    また株式会社ミック経済研究所が発表した労務管理クラウド市場調査においてSmartHRは、2018年、2019年の労務管理クラウド出荷社数部門および出荷金額部門で2年連続シェアNo.1を獲得しています。業務効率化の観点において、幅広い業界に注目されています。

    無縁のインターネットで起業

    20代で起業した宮田さんですが、学生時代から起業を志していた訳ではありませんでした。大学時代に流行していたmixiに見向きもせず、インターネットとは無縁だったことには驚きです。どのようにインターネットに興味を持ち、サービスを開発するまでに至ったのでしょうか。

    無縁だったインターネットに宮田さんが興味を持つきっかけは、就職活動で内定をもらった企業でのインターンでした。偶然インターンで行ったネットメディアの企画を考える部門の仕事がとても面白く感じ、はじめてインターネットの力を実感し興味を持ちました。

    インターンの経験がきっかけでインターネットに興味を持ち、SmartHRに繋がる第一歩となりました。

    難病!失敗!そして成功!

    宮田さんに訪れた難病や失敗とはどのようなものだったのでしょうか。成功までのストーリーも併せてご紹介します。

    難病を乗り越えて

    大学卒業後、WEBディレクターとしてキャリアをスタートさせた宮田さんですが、自分と合う会社が見つからない状態が続いていました。転職を重ね、3社目の会社に在籍していた時です。「ハント症候群」という年間10万人に5人の確率で発症する難病に見舞われたのです。「ハント症候群」とは、顔面神経が麻痺して、突然顔が動かせなくなる病気です。顔面麻痺だけでなく、耳が聴こえない、味覚も感じない状態だったそうです。さらには歩くことも難しくなり、車椅子生活を送っていました。

    完治するかわからない中、宮田さんは不安な日々を過ごしていました。しかし、闘病中に人生を考える時間ができ、自分と向き合ったそうです。自分と対話を重ね、「自分と合う会社が見つからないのであれば、自分で会社を作ればいいのでは?」という考えにたどり着きました。そして難病を乗り越えた後、2013年に共同創業者の内藤研介さんと起業しました。

    難病を患った機に自分としっかり向き合ったことで、最適な選択ができたのです。不幸中の幸いと言える出来事です。


    2度の新規事業失敗

    完治する見込みが20%と言われた難病「ハント症候群」から復活した後起業したのですが、すぐにビジネスが起動に乗ったわけではありませんでした。SmartHRをリリースするまでに2度の新規事業の失敗を経験しています。

    初めの失敗は、Webクリエイターと企業のマッチングサイトの開発でした。登録したクリエイターに質問や課題を掲示し、回答や解決をすることでスキルレベルを可視化します。その実績を参考にし、企業がクリエイターを採用しやすくするサービスです。しかし、リリースしてから半年で伸び悩み、1年で終了してしまいました。

    2度目は、法人対象のITサービスを比較する口コミサイト事業です。しかし、今度は2ヶ月ほどで成長が止まってしまい長くは続きませんでした。このように起業した当初は、全く上手くいっておらず失敗続きの日々を過ごしていました。


    SmartHR成功の要因!過去のサービスとの違い

    2度の失敗を経て、画期的なサービスを打ち出すことに成功しましたが、何がこれまでと違っていたのでしょうか?答えはこの言葉の中にありました。

    ”事業の7割は、人がほしいと思うものにたどり着く前に死ぬ” by ポール・グレアム (Y Combinator創業者)

    宮田さんがリリースした過去のサービスは、「自分がほしい」と思うものを作っていたのです。サービスの知名度を上げられなかったからではなく、競合の製品が素晴らしかったのでもなく、「人、世の中の課題」から事業アイデアが始まっていなかったことが失敗の原因でした。早く新しいサービスを作りたいという思いが先行し、盲目になってしまい失敗を招いてしまいました。

    成功の要因となったのが、事前準備として行った「ユーザーヒアリング」です。失敗した事業でもヒアリングを実施していましたが、2、3人くらいにしか話を聞いていませんでした。しかし、この時は100件以上の聞き取り調査を実施し、世の中の課題を明確化したおかげでSmartHRのアイデアに辿り着きました。

    自分主体ではなく、世の中の課題に目を向けたことによって、本当に必要なものを作ることができたのです。

    新たなステージへ SmartHR社長交代

    2021年12月、株式会社SmartHRの社長を退任することを自身のブログで発表しました。(宮田昇始のブログ https://blog.shojimiyata.com/)2022年1月からは現CTOの芹澤さんが引き継ぐことになりました。なぜ急成長をしているこのタイミングで社長を退任する決断に至ったのでしょうか?ここでは社長退任に至ったポイントを紹介します。

    退任を考えたきっかけは、この1年で会社が大きくなるにつれて、自身が反比例するように会社へ貢献できていないと感じ始めたからです。また、「変化に適応し続けられる奴が一番強い」という持論があったからです。これまで難病や事業の失敗など様々な苦悩を経験してきましたが、その中でも役割や環境の変化にうまく適応してきたから今の成長があります。しかし、最近はその変化に適応できていないと感じる日々が続いていたそうです。このような思いから会社を成長させるための最善策は何かを考えた結果、次世代のリーダーへバトンタッチする決断に行き着いたのです。

    社長を退任した後は、SmartHRの取締役として残り、新規事業に専念することを決めているそうです。今後SmartHR社から世の中を変える新たなサービスが生まれるかもしれません。

    まとめ

    会社選びに失敗し、難病によって苦しめられ、事業に2度失敗し、多くの困難を経験してきたことがおわかりいただけたでしょうか。これだけ多くの失敗をできたのは行動を止めなかったからだと思います。宮田さんは失敗から多く学ぶことで成長してきました。この記事を読んだ方には失敗を恐れず、行動と挑戦を続けて欲しいと思います。

    SmartHR HP

    関連記事
    組織作りもプログラミングと同じ!chatworkを作った山本正喜とはどんな人物?

    大学生のうちに起業したビジネスモデルの成功例とそのメリットとは

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend