WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援

    2021 7.
    26

    スタートアップを成功させるためのクラウドファンディングとは?特徴の解説と各社の比較

    スタートアップ
    筆者

    近年、新しいことに挑戦したい、スタートアップでイノベーションを起こしたいという若者が増えてきています。ここではどのクラウドファンディングが自分のプロジェクトに適しているのかを見つけるためのポイントをご紹介していきます。

    矢印

    近年、新しいことに挑戦したい、スタートアップでイノベーションを起こしたいという若者が増えてきています。スタートアップで事業を始めるために、資金調達の方法としてクラウドファンディングの利用が広がりつつあります。

    様々なリターン方法があるクラウドファンディングの中で、どれが自分のプロジェクトに適しているのかを見つけるためのポイントをご紹介していきます。

    関連記事
    【起業仲間の集め方】スタートアップに必要な共感の輪とその広げ方とは

    【新時代の起業の仕方】“コレクティブインパクト”によって生まれ変わる新しい起業とは

    クラウドファンディングとは

    自分で社会問題に向けた事業を展開したい、困っている人を助けるサービスを作りたいといった、新しいことを始めるためには資金が必要となります。

    そこでよく利用されるのが、クラウドファンディングを使った資金の調達方法です。

    クラウドファンディングとは、ネット上に自分のやりたいことや思いを掲載し、想いに賛同して出資をしてもらえる人や企業を探す方法です。一般的に起業の際には金融機関からの借入を行いますが、クラウドファンディングは返済義務がないことに加え自分の思いやアイデアで投資をしてもらえる人を探せるため、スタートアップでも気軽に利用できるというのが特徴です。

    クラウドファンディングの種類

    クラウドファンディングには”非投資型”と”投資型”の2種類があります。非投資型は商品やサービス、またはメッセージなどの金銭以外のものを支援者へリターンします。一方で、投資型は株式や分配金など、金銭的なものをリターンします。

    非投資型には、「購入型・寄付型・ふるさと納税型」があります。また、投資型にはリターン方法が異なる「融資型・ファンド融資型・株式投資型」があります。

    様々なリターン方法があるクラウドファンディングの中から、スタートアップが利用する代表的な非投資型の購入型と、投資型の「ファンド投資型・株式投資型」について紹介します。


    購入型

    新しい商品の製造や起業などのスタートアップには購入型がおすすめです。購入型では、支援者は支援した額に対して商品やサービス、またはメッセージを受け取ることができます。

    例えば、新しいレストランを開業する際にクラウドファンディングを利用した場合、リターンとしては支援額に応じたフリードリンクや店独自のオリジナルの商品が考えられます。また、オープン記念の特別ディナー招待やお店の貸切など”体験”として支援を受け取ることも選べます。

    購入型のメリットは、プロジェクトを始める前に支援のリターンから自分の事業やサービスのプロモーションができるという点です。デメリットは、金銭的なリターンは選べないことです。

    プロジェクトのミッション達成のためには魅力的なプロダクトを作るだけでなく、自身のSNSを通じた告知が重要となってきます。

    それぞれのサイトのサービスの特徴や、手数料など比較したものが以下のようになります。

    ・CAMPFIRE
    運営会社:株式会社CAMPFIRE
    手数料:17%
    特徴:日本最大級のクラウドファンディングサイト。
       オールジャンルに強く、5.3万件以上のプロジェクトが立ち上げられている。

    ・ACT NOW
    運営会社:株式会社ACT NOW
    手数料:10%
    特徴:北海道を中心とした地域活性化のプロジェクトがメイン。

    ・kibidango
    運営会社:きびだんご株式会社
    手数料:10%
    特徴:ガジェットや雑貨などの新商品に強い。また手数料が10%と低い。

    ・Motion Gallery
    運営会社:株式会社Motion Gallery
    手数料:10%
    特徴:アートなどのクリエイティブに強い。アメリカとの二次掲載が可能。

    ・GoodMorning
    運営会社:株式会社GoodMorning
    手数料:9%
    特徴:社会問題に向けてのプロジェクトが多い。手数料が最安水準の9%。

    ・READYFOR
    運営会社:株式会社RADYFOR
    手数料:17%(フルサポートプラン)、12%(シンプルプラン)
    特徴:日本初のクラウドファンディングサイト。社会貢献型のプロジェクトに強い。

    ・BOOSTER
    運営会社:株式会社CAMPFIRE、株式会社パルコ
    手数料:20%
    特徴:地域貢献やフード、カルチャーのプロジェクトに強い。また、パルコ店舗を活用した製品開発のサポートも提供。

    ・Makuake
    運営会社:株式会社マクアケ
    手数料:20%
    特徴:ガジェットや飲食店のプロジェクトに強い。市場調査や展示ブース出店のサポートも受けられる。

    ・A-port
    運営会社:朝日新聞社
    手数料:20%
    特徴:新聞社ならではのノウハウを生かした編集やリサーチ力、発信を利用できる。

    ・machi-ya
    運営会社:株式会社CAMPFIRE、株式会社メディアジーン
    手数料:25%
    特徴:色々なタイプのガジェットのプロジェクトに強い。 また、Webによる情報発信が強い。


    ファンド投資型

    ファンド投資型は、企画者がクラウドファンディングの事業者を通じて投資家の出資を募ります。ファンド投資型では、事業の成果によってリターンの分配金が変わります。

    ファンド投資型のメリットは、投資者が投資先の企業情報を把握できることです。また、ファンドを通じて複数の事業に投資することもできます。デメリットは、新規事業が目標に達しなかった場合、投資家は元本割れのリスクを背負うことです。

    金銭的なリターン以外にも株主総会へ参画できる場合や商品やサービスのリターンを受け取ることができる場合もあります。

    ファンド投資型には以下のようなサービスがあります。


    ・セキュリテ

    セキュリテではそれぞれの地域での貧困や社会、環境への課題に対して取り組むクラウドファンディングです。金銭的なリターンのみでなく、モノやサービスのリターンが受け取れる購入型や支援型も展開しています。
    SDGsへの取り組みを審査の基準としており、社会的にも経済的にも価値のある新しい投資スタイルです。こちらはファンドごとに手数料がかかり、出資者が出金時に手数料を払う必要があります。

    ・Sony Bank GATE

    Sony Bank GATEはソニー銀行が運営するクラウドファンディングです。新しい事業のスタートアップを「資産運用」×「共感・支援」という形で支援しています。口座開設、申し込み、分配金の受け取りに手数料がかかりません。(※条件としてソニー銀行口座が必要)


    株式投資型

    株式投資型は未上場企業の非公開株(店頭有価証券)を発行することにより、インターネット上で投資家に出資してもらう仕組みです。未上場企業は取引や相場などの情報が少なく、投資家は出資先を慎重に選ぶ必要があります。

    メリットは、出資者が未上場の企業の株主となるため企業の経営に関与することが可能となることです。企業が成功した場合は高値で株の売却ができ、結果として大きな利益となります。

    このようなハイリターンがある一方で、ハイリスクな部分もあります。非公開株は上場していない株なので簡単に売却できず、個人で非公開株を運用することは難しいです。それに加え、企業が倒産すれば投資金は返ってこない、上場できずに株が売却できなければ利益を出すことができません。

    日本ではまだ比較的新しいクラウドファンディングの形ですが、代表的なサイトは以下のような特徴があります。共通点として、投資者は最小額10万円から最大1社に年50万円を企業に投資することができ、エンジェル税制優遇を受けることができます。

    株式投資型には以下のようなサービスがあります。


    ・CAMPFIRE Angels

    CAMPFIREグループが運営する株式投資型クラウドファンディングです。比較的新しいサイトではありますが、デザインやアート、教育などと幅広い分野を得意としています。手数料は金額に応じて10%〜20%(税抜)の間で逓減手数料制が利用されています。

    ・FUNDINNO

    日本初の株式投資型のクラウドファンディングサイトで、国内シェアNo.1を誇っています。FUNDINNOには新株予約権というシステムがあり、スタートアップ企業から株式を取得する権利を行使することができます。
    不動産や電気系、製造系に強く手数料は株式および新株予約権の発行価格の総額の20%(税抜)相当額がかかります。2度目以降の利用の場合は、総額の15%(税抜)です。

    ・イークラウド

    大和証券グループと連携しており、株式投資型の中では最新のサイトです。特にイークラウドでは、資金の調達からIPO、M&Aまでと金融に関して手厚いサポートがあります。
    手数料は株式の発行価格の総額のうち、5000万円以下に対して20%(税抜)相当額、5000万円以上に対して15%(税抜)相当額がかかります。

    クラウドファンディングを始める際に比較するポイント

    自分が発案者、起業者としてクラウドファンディングのサービスを利用する際、メリットとターゲットを考えてみましょう。自分に合ったクラウドファンディングを選ぶ際に考慮するべきポイントとして以下のものが考えられます。

    ・自分のプロジェクトがサービスとマッチしているか
    ・過去のプロジェクトの資金調達実績はどうか。
    ・手数料はいくら払う必要があるのか。
    ・サポートサービスの質はどうか
    ・最小投資額はいくらからか

    また、All or NothingとAll inの違いも重要となってきます。All or Nothingは、プロジェクトのクラウドファンディングが成功した場合出資金を受け取ることができます。もし目標額に達しなかった場合は、出資者に出資額が返金され、起案者は資金を受け取ることができません。

    All inは、プロジェクトの目標額に達したかどうかに関係なく、資金を受け取ることができる仕組みです。ただし、事前にプロジェクトの実行が確約されていることが条件です。All or Nothingの方が出資者には本気度が伝わりやすいという利点があります。

    クラウドファンディングをうまく利用してスタートアップの起業を始めよう!

    自身のプロジェクトの成功のために、クラウドファンディングは最初のスタートアップの資金調達が重要な鍵となってきます。インターネットを通じて資金を集めることは、スタートアップにとっても比較的取り組みやすい方法の1つではないでしょうか。

    一言でクラウドファンディングといっても、資金を集める形態は様々な形があります。自分がどのような人たちに出資してもらいたいのか、プロジェクトへの共感を得られるのかを見極め、どのサービスを利用するのかが重要となってきます。

    自分のプロジェクトに最適なクラウドファンディングを利用し、スタートアップの起業を成功させましょう。

    関連記事
    【起業仲間の集め方】スタートアップに必要な共感の輪とその広げ方とは

    【新時代の起業の仕方】“コレクティブインパクト”によって生まれ変わる新しい起業とは

    R-StartupStudio

    私たちR-StartupStudioは、「日陰を照らす太陽となれ」という理念のもと、自発的に与え高め合う革新的な文化の創造を進めています。

    異なる領域・スキルを持った人が自身の得意分野で力を出し合い、プロジェクト単位で関わることにより、より大きな事業を次々と作り出すことが可能に。

    そして、いま世界が抱える様々な社会課題を解決していくために、7年間で2000のイノベーティブなプロジェクトを創出することをミッションとし、様々なスタートアップの支援をおこなっています。


    “アイディアを持ちスタートアップをしたい方”と“コミュニティーに参加して共にスタートアップのサポートを行いたい方”のマッチングを行うことで、創業時のハードルとなる「知識」「経験」「技術」などを補い、スタートアップをより身近なものにしていきます。


    ・自らのアイディアを元にスタートアップを目指している
    ・今持っている知識や技術をスタートアップに用いたい
    ・将来的にスタートアップを立ち上げる為に、実際にサポートをしながら学びたい
    ・最先端のスタートアップで活動してみたい
    ・平日は会社に勤めているが、週末だけ自分のスキルを使って社会課題に取り組みたい
    ・子どもの教育に関心をお持っている
    ・若い世代の活動を応援したい

    このような方はぜひ上の画像をクリックし、公式LINEからご連絡ください。お待ちしています。

    最新情報はこちら
           

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend