WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援

    2021 7.
    15

    【起業仲間の集め方】スタートアップに必要な共感の輪とその広げ方とは

    スタートアップ
    筆者

    今回はスタートアップが考える理念やアイデアに共感し、繋がりができていく「共感の輪」についてご紹介します。どのような人材が必要なのかを明確にし、求める人物像と仲間が合うかどうかをしっかりと判断しましょう。

    矢印

    今回はスタートアップが考える理念やアイデアに共感し、繋がりができていく「共感の輪」についてご紹介します。これからリリースを迎えたり、事業が駆け出しであったりするスタートアップにとって企業の想いに共感してもらうことはとても大切です。

    共にスタートアップで成長していける仲間が増えていけば、共感の輪は自然に広がります。
    どのような人材が必要なのかを明確にし、求める人物像と仲間が合うかどうかをしっかりと判断しましょう。

    現在成長しているスタートアップ企業では、創業者自らがより多くの人と会い、採用活動をするほど人の繋がりが重要視されています。

    関連記事
    スタートアップが世界で活躍するために起業家が理解しておくべき『コレクティブ・インパクト』とは?

    スタートアップの強い味方!クラウドファンディングの始め方を解説

    スタートアップが仲間を増やす方法を考える上で抱える課題とは

    スタートアップとは、独自性のある取り組みや革新的なアイデアに焦点を当て、ごく短時間のうちに急激な成長する企業のことを指します。アイデアを実現する上で、必要となる仲間の増やし方にはスタートアップだからこそ抱える課題がいくつか存在します。

    ・認知度の不足
    ・理念の共有不足
    ・不確定な方向性
    ・不透明な体制面(組織や役割など)
    ・資金不足

    上記のような課題を解決するために今、多くの企業が注目しているのがSNSやクラウドファンディングの利用です。1度に多くの人に情報を伝えられ、様々な人と繋がることのできるソーシャルメディアを使わない手はありません。

    SNSやクラウドファンディングをどのように活用するか

    誰でも簡単に利用できるSNSやクラウドファンディングの登場によって、お金の価値ではなく人間性やその想いに価値がつけられる時代がやってきました。SNSは各サービスによって、ターゲットや目的が変わります。現在ではただ運用するのでなく、他との差別化やマーケティングの施策を考えていくことが求められます。

    1.Twitter

    Twitterの特徴はリアルタイムで発信ができ、ユーザーと相互的に繋がれることです。必要があれば、直接連絡も取り合えます。また拡散性も高いため、企業やサービスの認知度が高まるのに効果的です。Twitterは世界規模で利用者がおり、一定数のフォロワーがいるインフルエンサーと繋がることで情報の拡散力は格段に上がります。

    2.instagram

    Instagramでは企業の認知度を上げるだけでなく、企業のブランディングツールとして利用が可能です。よりビジュアルを露出できるので、商品やイメージを伝える手段として最適です。現在ではLive配信や商品の販売ができるため、ECサイトの1つとしても使うことが出来ます。

    3.Facebook

    Facebookは原則実名での登録がルールとなっているため、大部分の人々が実社会やリアルでの繋がりをそのまま維持して投稿します。したがって、他のSNSに比べて信頼度が高く、有益な情報のやり取りが行われていることが特徴です。グループやコミュニティを作るツールとしてもよく用いられます。

    4.クラウドファンディング

    クラウドファンディングはインターネットを通して活動や夢を発信することで、想いに共感した人や応援したいと思ってくれる人から資金を募る仕組みです。現在では購入型、寄付型、融資型などあらゆるニーズに合わせた資金調達方法があります。これにより不特定多数の人が、他の人々や組織に財源の提供または協力ができます。

    SNSやクラウドファンディングを活用する目的とは

    ではこれらのツールを使う目的は何でしょうか?今回はスタートアップの核となる理念と仲間に焦点を当てお話しします。

    変わることのない「理念の共有」

    スタートアップではより良い方法を選択していくことにより、事業を進めていく中でサービス内容が変わることがあります。そのためSNSでは、まず創業メンバーの想いである「変わらないもの」を共有する手段として使います。クラウドファンディングに関しても、これから成長していくアイデアや取り組みにどれだけ応援したいと思っていただけるかで結果が変わります。

    情報を発信によってファンを作り、リピーターから仲間へ

    SNSの良さは日々の発信に共感を得て、ファンができることです。一方的に情報を伝える広告と違い、ファンが発信源になることで情報はより拡散していきます。そうした方を大切にし、熱量の高いファンの方に向けに情報発信していくことによって最小限のコストで大きな力に繋がります。

    またサービスを繰り返し利用するリピーターとなれば、ファンから信頼のおけるサポートスタッフとして仲間になる可能性もあります。

    実際に取り組まれている成功事例

    実際にSNSやクラウドファンディングを用いて、スタートアップを成長させるためにはどのような取り組みをしているのでしょうか?共感を得て、目標を達成した事例を2つ紹介します。

    【SnapmartのSNSマーケティング】

    スマートフォンからSNSに適した写真を販売できるプラットフォーム「Snapmart」は、初期の製品開発にインフルエンサーを巻き込み、まだ認知度の少ないサービスを広めていきました。

    インフルエンサーにサービスを使ってもらい、フィードバックを発信してもらうという仕組みです。初めは今のようなウェブサイトもアプリもないので、協力を得るのは難しく、いかにSnapmartの理念に共感してもらえるかが大事となりました。

    事業の成功はインフルエンサーにもメリットのある仕組みとなっています。「Snapmart」で写真を売ると、誰がその写真を購入したのかが売り手に伝えられます。これにより利用者(インフルエンサー・売り手)に写真がどこの会社やメディアに使われるのかが分かる安心感を与えられます。

    インフルエンサーにとっても、ただ情報拡散に協力するだけではなく、自分を宣伝するツールにもなりました。現在、Snapmartのクリエイター登録者数は20万人を突破しています。


    【島戸ゲストタウンプロジェクト】

    「島戸ゲストタウンプロジェクト」は下関・角島の絶景が望める空き家をリノベーションするためのクラウドファンディングです。この時のクラウドファンディングは総額1,030万6,000円もの資金が集まりました。

    目的は、角島を望む島戸地域に70軒ほどある空き家をリノベーションしたゲストタウンの創出です。これにより、観光客は泊りがけで角島周辺の自然を楽しむだけでなく地域には新たな収益事業の可能性が生まれます。行政が抱える空き家問題の解決にも繋がるため、この地域の活性化を公約としていた下関市長にも協力を得られました。

    成功のポイントは、地元のビーチクリーン活動を推進し絶大な信頼を得られていたNPO法人代表が発起人を務めたことです。さらに、地元出身で数々のクラウドファンディングを手がける森脇 暉さんが県内外で営業活動や広報活動をしたことで、行政をも巻き込む旋風が起きました。

    またリターンでは、ゲストハウスの宿泊券とマリンスポーツの体験券という現地の魅力を味わってもらえるものに設定したことでクラウドファンディング後もリピーターが多くみられるようになりました。下関の人たちをターゲットとし、地域で地元を盛り上げるムードを醸成したことも成功の要因です。

    今後共感の輪を広げるために必要なこと

    いかがだったでしょうか?どれだけすごいアイデアやサービスよりも、想いに共感してもらうことの大切さをわかっていただけたのではないでしょうか。

    アイデアが生まれるまでの想いやこれからどうしていきたいかという想いに共感を得ることで、信頼関係が築かれます。その後どのような人と繋がりたいのか、またその人たちとどのように事業を進めていきたいのかを明確にしましょう。

    現在、多くの人が利用するSNSやクラウドファンディングを用いることで、さらにたくさんの人に想いが共有でき、繋がりが広がります。

    まだ大きくないスタートアップを成長させるためにはより多くの共感を得て、一緒に取り組む仲間を増やすことが大切です。

    一人ではできないことを、共感し合える仲間と成し遂げてみませんか。

    関連記事
    スタートアップが世界で活躍するために起業家が理解しておくべき『コレクティブ・インパクト』とは?

    スタートアップの強い味方!クラウドファンディングの始め方を解説

    R-StartupStudio

    私たちR-StartupStudioは、「日陰を照らす太陽となれ」という理念のもと、自発的に与え高め合う革新的な文化の創造を進めています。

    異なる領域・スキルを持った人が自身の得意分野で力を出し合い、プロジェクト単位で関わることにより、より大きな事業を次々と作り出すことが可能に。

    そして、いま世界が抱える様々な社会課題を解決していくために、7年間で2000のイノベーティブなプロジェクトを創出することをミッションとし、様々なスタートアップの支援をおこなっています。


    “アイディアを持ちスタートアップをしたい方”と“コミュニティーに参加して共にスタートアップのサポートを行いたい方”のマッチングを行うことで、創業時のハードルとなる「知識」「経験」「技術」などを補い、スタートアップをより身近なものにしていきます。


    ・自らのアイディアを元にスタートアップを目指している
    ・今持っている知識や技術をスタートアップに用いたい
    ・将来的にスタートアップを立ち上げる為に、実際にサポートをしながら学びたい
    ・最先端のスタートアップで活動してみたい
    ・平日は会社に勤めているが、週末だけ自分のスキルを使って社会課題に取り組みたい
    ・子どもの教育に関心をお持っている
    ・若い世代の活動を応援したい

    このような方はぜひ上の画像をクリックし、公式LINEからご連絡ください。お待ちしています。

    最新情報はこちら
           

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend