WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援 R-StartupStudio | スタートアップの創業を促進・支援

    2021 8.
    9

    【今さら聞けない】スタートアップとベンチャーの違いとは?意味を知れば起業のヒントになる!

    スタートアップ
    筆者

    スタートアップとベンチャーとは似ている言葉として捉えられがちですが、実は大きな違いがあります。ここではそれぞれの言葉の意味を解説し、これから求められるスタートアップとはどんなものかを知ることで、新しい起業のヒントにしてみてください。

    矢印

    『スタートアップとベンチャーの違いは言い方だけなのかな?』
    『スタートアップもベンチャーも同じことをやっているのでは?』

    と思ったことがある方は多いのではないでしょうか?
    実際に日常生活を過ごしていても、こうした言葉を耳にする機会は少なくありませんが、どのような違いがあるのかはわかりにくいかもしれません。

    そこで今回は
    1.「スタートアップとベンチャーの違いとは」
    2.「スタートアップとベンチャーにはそれぞれどういった特徴があるのか」
    3.「これからの時代に求められるのはどっちなのか」

    という3点について解説していきましょう。

    関連記事
    【新時代の起業の仕方】“コレクティブインパクト”によって生まれ変わる新しい起業とは

    【起業仲間の集め方】スタートアップに必要な共感の輪とその広げ方とは

    スタートアップとベンチャーの違いとは?

    スタートアップとベンチャーの意味の違いを簡単に説明すると、

    スタートアップ
    ・革新的なアイデアなどで新たな価値を生み出し、社会にインパクトを与える企業
    ベンチャー
    ・既存ビジネスを更に拡大したり中長期的に課題解決に取り組む企業

    といった企業としての軸の違いが存在します。スタートアップという企業の概念は、Google・Facebook・Appleが世界的に浸透したのと同時に世に広まりました。

    スタートアップとベンチャーにはそれぞれどういった特徴があるのか?

    似ている言葉なので混同されがちなのですが、実際には両者にさまざまな違いがあります。ここではその違いを解説していきます。

    ベンチャーの特徴は確かな成長をビジネスモデルとしている

    ベンチャーは既に他社が作り上げたビジネスモデルを基に、事業規模を広げたり、変化を与えたりして事業展開する企業が多いです。そのため、起業〜初期の段階からある程度の収益を確立させた上で、ビジネス展開を行うことが多いです。

    このように、ベンチャーは確かな成長をビジネスモデルとするため、初期段階から一定の収益を得る計画を立てます。そのため、銀行からの融資や助成金などを活用し資金を調達することが多く、調達した資金内で事業展開を行っていくのが一般的です。

    また、企業が大きくなり上場した後でも、創業者や起業当時からいるスタッフが引き続き更なる成長を目指すことが多いため、創業時には小規模な組織を形成した上で事業に取り組むのが一般的です。


    スタートアップの特徴は「新しい価値を生み出す」こと

    一方でスタートアップは過去になかった新しいビジネスをつくり出し、新たな市場を開拓していきます。もちろんリスクを伴いますが、世の中にイノベーションを起こすことに成功すると、急激な成長や莫大な収益を得ることが出来ます。

    スタートアップにとって最も大切なことは「新しい価値を生み出す」ことです。

    ベンチャーが確かなビジネスモデルを確立することに重きを置いているのに対して、スタートアップでは利益や売上よりも「今世の中にない新しいものを作りたい」「誰かの役に立ちたい」といった理念で創業します。そのため、事業計画として利益が出るとは創業時に確定できないこともあり、投資家や銀行からの融資が受けにくいといった資金面で苦労する場面があります。

    そこで、最近ではこうしたスタートアップ創業を行う際には、新しい試みに共感した事業への投資を行うエンジェル投資家からのバックアップや、クラウドファンディングを用いた資金調達を活用する方法が多く行われています。

    スタートアップとベンチャーで有名な企業紹介

    ここからは、実際にスタートアップとベンチャーで有名な企業を紹介していきます。特筆すべき例はやはりスタートアップなら『Apple』、ベンチャーなら『サイバーエージェント』ではないでしょうか。この2社を中心に、彼らがなぜ成功できたのかを分析していきます。

    有名なスタートアップ『Apple』や『Airbnb』はなぜ成功したのか

    スタートアップの代表として、『Apple』と『Airbnb』といった企業が有名です。この2社に共通しているのは、”新しいモノ”の発表に多くの注目が集めているということです。

    例えば、2012年9月に発表された iPhone5は先行予約開始後24時間で予約が200万件を突破するなど多くの反響を呼びました。では、なぜ製品発表にこれほどの注目が集まるのでしょうか?

    ひとつの大きな要因は情報を徹底的に管理し、情報を隠すという点があります。発表する製品が魅力的であることはもちろんですが、徹底した秘密主義を貫くからこそ人々は製品の動向を気にし、新製品の発表に多くの注目が集まることになるのです。この秘密主義は例えばアップルでは社内においても徹底されており、プロジェクトメンバーに選ばれたメンバーしか知りえない情報も多くあるといいます。

    こうした秘密主義がスタートアップに与えるメリットは二つあります。一つは「既存製品への興味を失わせないこと」、二つ目は「競合会社に速やかな対応を許さないこと」です。これにより、圧倒的なスピード感を持って成長することが可能になるのです。


    国内で有名なベンチャー『サイバーエージェント』や『スタートトゥディ』が成功できた理由

    次に、国内ベンチャーとして有名な『サイバーエージェント』と『スタートトゥディ』を挙げてみたいと思います。

    この2社に共通する成功要因は、ネット広告の営業とクリック保証型広告の運営だけでは利益率が低く成長スピードに限界があるといち早く気付き、当時ビジネスとしては可能性があまり認められていなかったブログをメディアとして育てたり、ECに着目したことにあります。ブログに関しては後発参入でしたが、芸能人を巻き込むことで競合を追い抜いていきました。

    サイバーエージェントで言えば、結果ブログサービスできちんと収益化できたのはアメブロともう一つのみでした。こうして変遷を重ね、単なるネット広告代理店からメディア企業への脱皮に成功しました。後のアメーバピグやモバイルゲームのガールフレンド(仮)などのヒット作も、この時代の種まきがあったからこそ産み出せたものだと言えるでしょう。アメブロではかなり長期かつ多額の赤字を吐き出しましたので株主からの痛烈な声もあったかと思いますが、最後まで貫きやりきって大きな収益を生みました。

    このように、株主との向き合い方を身につけながら、引くときも勝負するときも「見極め」の鋭さに磨きをかけより大きな事業を生み出していったのです。

    これからの社会に必要とされる企業となるスタートアップ

    より早い成長とゴールまで一直線に駆け抜けるスピード感を持つスタートアップは、激しく移り変わる現代社会において新しい事業を始める際に不可欠な考え方です。

    世の中に新しい価値を創造し、

    「もっと世の中を便利にしたい」
    「世界を驚かせたい」
    「困っている人を助けたい」

    といった気持ちで起業を考えている方はこうしたスタートアップ創業に取り組んでみてはいかがでしょうか?

    関連記事
    【新時代の起業の仕方】“コレクティブインパクト”によって生まれ変わる新しい起業とは

    【起業仲間の集め方】スタートアップに必要な共感の輪とその広げ方とは

    R-StartupStudio

    私たちR-StartupStudioは、「日陰を照らす太陽となれ」という理念のもと、自発的に与え高め合う革新的な文化の創造を進めています。

    異なる領域・スキルを持った人が自身の得意分野で力を出し合い、プロジェクト単位で関わることにより、より大きな事業を次々と作り出すことが可能に。

    そして、いま世界が抱える様々な社会課題を解決していくために、7年間で2000のイノベーティブなプロジェクトを創出することをミッションとし、様々なスタートアップの支援をおこなっています。


    “アイディアを持ちスタートアップをしたい方”と“コミュニティーに参加して共にスタートアップのサポートを行いたい方”のマッチングを行うことで、創業時のハードルとなる「知識」「経験」「技術」などを補い、スタートアップをより身近なものにしていきます。


    ・自らのアイディアを元にスタートアップを目指している
    ・今持っている知識や技術をスタートアップに用いたい
    ・将来的にスタートアップを立ち上げる為に、実際にサポートをしながら学びたい
    ・最先端のスタートアップで活動してみたい
    ・平日は会社に勤めているが、週末だけ自分のスキルを使って社会課題に取り組みたい
    ・子どもの教育に関心をお持っている
    ・若い世代の活動を応援したい

    このような方はぜひ上の画像をクリックし、公式LINEからご連絡ください。お待ちしています。

    最新情報はこちら
           

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend