WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.

    クラウドチームビルディングサービスを
    利用したい方は、
    R-StartupStudio公式LINEにメッセージをお願いします。

    閉じる
    閉じる
    2022 4.
    16

    話題のメタバースとは?注目を集める反面で解決すべき問題点について

    メタバース
    筆者

    InstagramやFacebookの会社名が「Meta」になり、メタバースに注力するということで「メタバース」という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。メタバースが多くの企業から注目を浴びる理由とは、そしてメタバースが問題視される懸念点について以下に紹介します。 ~Write by かわもん・ゆうゆ~

    矢印

    InstagramやFacebookの会社名が「Meta」になり、メタバースに注力するということで「メタバース」という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

    メタバースは3DやVR、ARといった最新技術を駆使してできたオンライン上のプラットフォームです。

    仮想空間が生み出す自由さには可能性がたくさんあり、エンターテイメントやクリエイター、ビジネスとの相性がいいと注目されています。

    一方で、仮想空間の自由さが与える問題点も挙げられています。

    では、メタバースが多くの企業から注目を浴びる理由とは、そしてメタバースが問題視される懸念点について以下に紹介します。

    関連記事
    【初心者必見】今話題のNFTって何?意味や特徴、具体例などをわかりやすく解説!

    【初心者向け】バーチャルプロダクションとは?定義やメリット、導入事例を解説!

    メタバース(metaverse)とは?

    メタバースは、オンライン上でコミュニケーションやアクティビティができる仮想空間と言われています。

    1992年に出版されたニール・スティーヴンスン著作の「スノウ・クラッシュ」のストーリーに由来します。メタバースの語源は、英語の超越(meta)と宇宙(universe)からできた造語です。

    メタバースの概念が新しいため厳密な定義はないものの、同一内の三次元空間でアバターを使って以下のようなことができるという認識です。

    ・他社とコミュニケーションで繋がれる
    ・ゲームやコミュニティで遊べる
    ・会議や仕事ができる
    ・商業活動ができる


    メタバースは個人が使うスマホやパソコンのみならず、事業が使用する最新の設備を必要とするものと様々です。

    「今後の私たちの生活をより画期的に変えていく」と現在多くの企業が注力しています。

    メタバースにおける注目点

    多くの企業がメタバースの可能性を見込んで事業に力を入れています。

    メタバースが多くの企業や個人に注目される点については以下の通りです。

    オンライン空間での会話

    オンラインでありながらもアバターによって、リアルなコミュニケーションがメタバースではできます。

    現在でもZoomやFacebookといった方法で画面通話ができますが、1人の会話が鮮明に聞こえて何人もの声を同時に聞き取りにくいです。

    その反面、メタバースは現実世界のように距離に応じた声量が聞こえるので、より鮮明な会話ができます。

    またコロナが蔓延していく中で、リモートでの仕事や勉強が普通の日常となって対面での会話が減りました。

    自宅で過ごす時間が増えても、他者とリアリティーのある会話を家で簡単に楽しめます。

    臨場感を楽しめる

    メタバースでは目の前に360°の世界が広がるため、自分がその場にいるかのように臨場感が楽しめます。

    海外に訪れる機会が作れなかった人や、ジェットコースターといったアクティビティの体験ができなかった人がリアルな感動が得られます。

    全世界でのビジネスチャンスが得られる

    ビジネス展開の際、視察で現地に訪れないといけなかったやりとりの過程を、メタバースであれば仮想空間の利用で完結できます。

    特に国境を越えるビジネスでは、コストや時間がかかり手間がかかっていましたが、これらを省けるのです。

    またメタバース内の土地の販売やNFTの導入により、デジタルに価値がついていくと言われています。

    メタバースの発展で生まれる問題点

    メタバースが発展して、私たちの生活の中で利用されるとどのような問題が生まれるのでしょうか。

    メタバースを利用するにあたって気をつけたい問題点を以下にみていきます。

    依存性の可能性がある

    メタバースではアバターを用いるものの、現実世界と同じような世界が広がっているため、依存する人がでてくるのではないかと危惧されています。

    VRデバイスを用いるため、いつも以上に臨場感があるため没頭しやすいです。

    メタバース上でのリアル感のある生活が楽しくなり、現実世界が疎かになる可能性が考えられます。

    現実世界でのコミュニケーションが希薄になる

    メタバースでは、様々なコミュニケーション方法があり、必要以上に言葉を交わさずに他者と繋がれます。

    そのため、顔を合わせて会話をしないといけない現実世界での会話が億劫に感じる可能性があるのです。

    身近な友達との会話もメタバース上で完結するようになると、現実世界のコミュニケーションが希薄になっていきます。

    法の規制の問題

    メタバースは新しい取り組みであること、また現実世界と異なるためビジネス展開における法の規制が追いついていません。新たな事業を行う際に、事業内容が法令に違反しないかどうかを慎重に判断する必要があります。

    たとえば、以下のような点が挙げられます。
    ・アバターにおけるパフォーマンスの保護
    ・仮想アイテムの財産的権利
    ・クリエイティブによる著作権


    またメタバース上でのビジネス展開を視野に入れるのであれば、現実世界と仮想世界での法令とデジタルの知識が必要です。

    VRデバイスの装着の必要性

    メタバースを利用する際には、VRデバイスの装着が必要です。 軽量のものが開発されつつも、屋外での装着や長時間の使用を考えると不便が多いと感じられる人が少なくないでしょう。

    もし仕事としてメタバースを利用する場合は、バッテリーの確保や休憩の配慮などを考えなければいけません。

    VRデバイスに関してはもう少し試験や実験を繰り返すことで普及し、実際に利用したモデルが着目されることで解決できるのではないでしょうか。

    メタバースを利用した実例が少ない

    メタバースを利用したサービスをリリースしようとする企業はごく一部です。そのため、サービスをリリースする際には法的問題やサービス内容を含めて一から組み立てる必要があります。

    いち早くメタバースを使った事業を早く成し遂げようとするも、セキュリティの問題が解決できていなかったり、エラーが起こる原因にもなりかねません。

    メタバースの問題点を減らすためには?

    発展段階のメタバースでは、上記のような問題点がまだまだ考えられます。

    問題点を軽減するためにできることを以下にみていきます。

    メタバースの利用時間を話し合う

    メタバースの依存性を減らす大きな方法として、生活に支障がでないように家族や友達とメタバースの利用時間について話し合うことです。ゲーム依存症と同様に、現実世界とメタバースのバランスを考えることが大事です。

    メタバース内の生活はより豊かでたくさんの可能性が含まれているため、メタバースに没頭しすぎると家に引きこもりやすくなります。現実世界とのギャップで、普段の生活にイライラやストレスを感じ、生活習慣が乱れることを防ぐためにも、利用時間を考えましょう。

    法規制の検討

    メタバース内でのルールが曖昧で、コミュニティ内の犯罪や不適切なコンテンツといった治安の取り締まりが難しいことが現実です。これはセカンドライフのブームがあったにもかかわらず、衰退していった理由のひとつでもあります。

    ・現実世界とメタバースの世界を切り分けて法的問題をどのように設定していくのか
    ・国や企業など、どの組織が法令を定めるのか


    といった課題をどのように解決していくのかが重要な鍵となります。

    まとめ

    今回はメタバースが注目される一方で、どのような問題・課題点があるのかをみていきました。私たちの生活の一部になる未来があるものの、課題が解決されるまではもう少し時間がかかる見込みが考えられます。

    メタバースにはまだまだ多くの可能性が含まれており、FacebookやInstagramを筆頭にビジネス展開が注目されています。いち早く課題を解決し、メタバースが私たちの未来を革新することに期待です。


    お問い合わせはこちらから
    https://r-startupstudio.com/contact/

    関連記事
    【初心者必見】今話題のNFTって何?意味や特徴、具体例などをわかりやすく解説!

    【初心者向け】バーチャルプロダクションとは?定義やメリット、導入事例を解説!

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend