WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.
    Member Wanted Member Wanted
    • IDEA
    • BUDDY
    • GIANT
    IDEA

    アイデアをお持ちの方、または質問がある方は以下フォームをお使いください。

    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    どのようなアイデア
    をお持ちですか?
    アイデアをご記載ください。
    何か質問があれば
    ご記入ください。任意
    質問内容があればご記入ください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信が完了いたしました。
    返信をお待ちください。

    GIANTとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    BUDDYとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    • R-StartupStudio Azabu FlagHubに「オフィス書店」を導入しました。

      Azabu FlagHubに「オフィス書店」を導入

    • 第3回クックキッズ開催決定

      クックキッズ開催のご報告

    • 第3回クックキッズ開催報告

      第3回のクックキッズの模様をお伝えします。

    • 株式会社PHIが目指す組織の形。 DAOにより実現可能となる新しい組織構造とは?

      大学1年生の時にDAOに注目し構想を練り始めたという、株式会社PHIのCEO 岡さんに「DAOに注目した理由」を聞きました。

    • SDGsは自分の世界を広げるツール?中高生発のSDGsアクションを実現する学生団体とは?

      学生団体SustainableGameの代表 山口由人さんにインタビューした内容をお伝えします

    • 信頼という概念のない社会へ。人が強い繋がりを持てるコミュニティーを作ります。コミュニティーソリューションプロジェクト

      コミュニティーを通して、人と人が信頼という概念がなく付き合える社会を。野村勇介 愛知県出身 1987年1月3日生

    • 与論島で日本初のトークンエコノミーの実証実験開始! 株式会社PHIがシステム制作を行なっています!

      トークンエコノミーの実証実験のご案内

    • RSS Family

      R-StartupStudioのFamilyを紹介

    • 初日55%達成!SDGs15歳女子高校生起業家の挑戦!!

      15歳の新たな挑戦のご紹介

    • 桂三輝 ブロードウェイ公演絶賛上演中!メイキング映像が完成しました!

      ニューヨークから桂三輝のメイキング映像が届きました!ぜひご覧ください。

    • スポーツチームの人数不足の問題を解決!チームと助っ人のマッチングサービス「スケッターズ」

      スポーツで世界を笑顔に。スケッターズ プロジェクト 前田拓也

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio

    2019 8.
    28

    ブロードウェイは通過点!プロデューサーから学ぶ世界のエンタメ

    RSS
    筆者

    「GLOBAL ENTERTAINMENT SESSION 〜プロデューサーから学ぶ世界のエンタメ〜」のイベントレポートです。

    矢印


    R-StartupStudio(以下、RSS)では、8月22日に「GLOBAL ENTERTAINMENT SESSION 〜プロデューサーから学ぶ世界のエンタメ〜」を開催いたしました。

    RSSも支援している桂サンシャインさんがブロードウェイに進出することを記念し、世界のエンタメ業界に精通したゲストをお呼びし、トークセッションを行いました。

    本記事ではイベントの様子をお伝えします。

    ゲスト紹介

    桂サンシャイン
    カナダ人落語家。 桂文枝の15人目の弟子。

    2025年大阪万博へ向けてのプレゼンテーションメンバーの一員として、G20大阪サミットの開会レセプションのMCを務めた。

    今回のイベントでも共演するJoe Trentacosta氏のプロデュースと、吉本興業のサポートにより、9月からブロードウェイで落語公演を行う。

    Lisa Dozier King
    LDKproductionのファウンダー

    ブロードウェイでは19年間に渡り、様々な作品を監督し続けている。

    ブロードウェイでの舞台「BE MORE CHILL」は、数ヶ月先のチケットが売り切れるほどの人気作品になった。

    Joe Trentacosta
    ブロードウェイとオフ・ブロードウェイのショーのPRを20年以上担当。

    オフ・ブロードウェイシアターでは、13年続くファミリー向けショー「ガジリアン・バブルショー」のプロデュースを手がけている。

    今年9月にブロードウェイデビューを果たす桂サンシャインのプロデューサー兼エグゼクティブプロデューサーに就任。

    8月22日に外国人記者クラブにて開催される桂サンシャイン落語の記者会見のために来日。

    新鞍トシヤ
    株式会社Journal Entertainment Tribute 代表取締役

    ドラマ・映画・コンテンツプロデューサー。

    クリエイティブな映像やITを通じたコミュニケーション戦略設計を得意とする。

    内閣府、総務省、経産省、JNTOなど日本政府のクールジャパン戦略に基づいた事業を数多く担当。海外のテレビ局とのコネクションを基に日本コンテンツの海外展開もてがけている。

    倉木拓郎(司会)
    株式会社ハイルエンターテイメント代表取締役

    学生時代 10年間ニュージーランドで生活。

    現地でアート、音楽などを学び帰国。海外プロジェクトの指揮や、国内外の映像プロジェクトに携わる。

    ブロードウェイの仕組みとは

    桂サンシャイン(以下、サンシャイン):
    みなさんご存知の通り、アメリカにはブロードウェイというものがあり、そのブロードウェイにはたくさんの劇場と演劇があります。普段からブロードウェイに行っているアメリカ人でさえ、中身を知る人は少ないので、今夜は内側の話をしていこうと思います。

    Lisa Dozier King(以下、リサ):
    ブロードウェイの多くの劇場は、一つのエリアの中に集まっており、タイムズスクエアの近くに41箇所の劇場があります。ブロードウェイの劇場のカテゴリに入るには500以上の席数が必要になり、エリア内の劇場の40箇所がブロードウェイになっています。

    サンシャイン:
    ブロードウェイはこのエリア内の劇場しかカウントされないのですが、オフ・ブロードウェイはマンハッタンの中で、席数が100〜499席あればカウントされます。

    約20箇所くらいのオフ・ブロードウェイの劇場があり、その中で一流の劇場が8つあります。その一つが来月から「RAKUGO」をやる”ニューワールドステージズ”という劇場です。

    倉木拓郎(以下、倉木):
    簡単にいうと客席数で呼び名が変わってくるっていうことですよね?

    サンシャイン:
    そうです。

    よく皆さんが誤解されているのは、オフ・ブロードウェイはブロードウェイのエリアから遠く離れたところにある劇場だと思われているのですが、席の数によって呼び名が変わるので、オフ・ブロードウェイの隣にブロードウェイの劇場があるということもあります。

    新鞍トシヤ(以下、新鞍):
    オフ・ブロードウェイで結果を残すとブロードウェイに行けるということですか?

    リサ:
    オフ・ブロードウェイとブロードウェイの違いは会場の広さだけです。
    例えば、4人だけのショーでは大きなステージはいらないです。逆に30人の役者が出演する演劇は大きなステージでやったほうがいいですよね。

    オフ・ブロードウェイが下というイメージではなく、どちらもハイエンドな作品です。

    新鞍:
    なるほど。

    アジアとアメリカのマーケットの違い

    倉木:
    としやさんは、ブロードウェイのようなステージではなく、映像の世界で活動されていて、日本だけでなくアジアで映像を作ることが多いと思うんですけど、アジアというマーケットと、アメリカやブラジルの違いって何かありますか?

    新鞍:
    僕が意識しているのは、今アジアはインターネットが早くなって、スマホを持つ人がどんどん増えてきて、経済成長をしているんですけど、これにより暇な人が増えるんですよ。

    お金に余裕のできた人たちは、エンタメを消費するか、エンタメを作る人になっていくんです。

    オフ・ブロードウェイとか、ブロードウェイのように大きなコンテンツではなく、個人の発信のような小さなコンテンツがたくさん生まれてくると思います。

    僕はこれがアジアの強みだと考えています。

    ブロードウェイの人は世界全体を相手にすると思うんですけど、アジアではその国の人を相手にしたコンテンツになります。

    倉木:
    ブロードウェイは世界中の人に見られるものですが、それをやる上で大切にしていることや、難しいことはありますか?

    Joe Trentacosta(以下、ジョー):
    映画のようにインターネットやテレビで見れる作品と違い、ブロードウェイは自分の体を動かして劇場まで行かないといけません。

    さらにニューヨークはエンターテイメントがたくさんあります。
    スポーツやジャズクラブ、コンサート、または家でユーチューブを見ることもできます。

    どうやって人を動かすか考えないといけません。

    意識しているのは、ブロードウェイでは派手さや感動を、オフ・ブロードウェイではここでしか味わえない経験を提供しています。

    昔はレビューが良ければ人が並ぶ状況だったのですが、だんだんレビューの影響力は少なくなってきました。

    ブロードウェイはゴールではなくステップ

    サンシャイン:
    ブロードウェイでやるのはゴールではなくて1つのステップだと私は考えているのですが、それについてリサさんはどう考えておられますか?

    リサ:
    ブロードウェイでショーをやると凄くお金がかかります。
    反対にツアーでいろんな場所で公演をやると、同じショーでも新しいお客が来てくれるので、儲けることもできます。

    では、なぜブロードウェーに高額を支払って公演をするのかというと、ブランド力を高めるためなんです。

    サンシャイン:
    ブロードウェーに出演することで、大都市はもちろんですが地方からも公演の依頼をもらうことができます。

    ブロードウェーでやるのはそのためなんです。

    倉木:
    とても面白い話ですね。

    そんなリサさんとジョーさんがプロデュースして、来月から桂サンシャインさんのオフ・ブロードウェーが始まるんですよね?

    サンシャイン:
    始まります。

    倉木:
    最高のチームですね。
    サンシャインさんもこれが最初のスタートであって、ゴールではないですもんね。

    サンシャイン:
    最高のチームです。
    ゴールではありませんね。

    サンシャインさんが落語を始めた理由

    倉木:
    サンシャインさんはなぜ落語を始めたんですか?

    サンシャイン:
    日本に来て5年目に焼き鳥屋さんで初めて落語を見ました。
    その1回で落語に一目惚れしました。

    倉木:
    何が良かったんですか?

    サンシャイン:
    落語の最初の導入部分を見た時に、落語家のジョークがあって、そのあとに100年も200年も昔の日本の話をして、その間ずっとお客さんが笑っていたんです。

    そして、日本の伝統的な着物を着てやっている姿に感動しました。

    倉木:
    その気持ちって、日本人である僕らも味わえていないことなんですよね。

    それをカナダの人がやっていることが、とても面白いと僕は思っています。

    サンシャイン:
    師匠の桂文枝さんに8ヶ月間ずっと「弟子にしてくれ」と頼んでいました。

    YESも、NOも言われず、ただ「テレビショーに来なさい」という返答だけだったので、”新婚さんいらっしゃい”の現場に通い詰めていました。

    倉木:
    現場で何をしていたんですか?

    サンシャイン:
    じっとする。

    (会場笑)

    サンシャイン:
    3年間の修行もじっとするのが修行でしたね。

    楽屋前でじっとして、「おぉーい」という声が聞こえたら、「はい!師匠!」って駆け寄るんですけど、「お前じゃない。日本人呼べ。」と半分冗談で言ったりしていましたね。

    倉木:
    初めての外国人の弟子ということで、受ける側もチャレンジだったと思いますね。

    サンシャイン:
    そうですね。

    ことわざに”石の上にも三年”というのがありますが、それと全く同じような状況でしたね。

    日本と外国でのお客さんの違い

    倉木:
    落語見たことある人はどれくらいいますか?

    (会場挙手)

    半分ぐらいですね。
    サンシャインさんの出演のイベントに来ている人でも半分くらいなんですよ。

    サンシャイン:
    リサさんとジョーさんに誤解して欲しくないのは、落語を見たことがある人がこの中で半分ということは、それだけ落語を愛していないとか、文化として知らないということではなくて、他にもエンターテイメントや表現方法がたくさんあり、その一つが落語というものです。伝統なので普通には触れる機会は少ないかもしれないけど、きちんと皆んな落語がどういうものなのかを知ってくれています。

    アメリカやカナダに比べると、日本は伝統のものやエンターテイメントが多すぎて、全部見るわけがないんですよね。

    倉木:
    今まで違う国で落語を披露したことはあるんですか?

    サンシャイン:
    はい。世界中回っています。

    倉木:
    それはアメリカとかも回っているわけですよね。

    そこでやっているお客さんと、日本でやるときのお客さんとエンターテイメントに対する気持ちの差は感じますか?

    サンシャイン:
    差は感じないですね。今日のお客さんか、明日のお客さんというだけで、反応は変わらないですね。

    ブロードウェイでは面白い公演はずっと続く

    倉木:
    来月からブロードウェイ公演が始まるようですが、準備は進んでいますか?

    ジョー:
    初日はレッドカーペットがあって、記者会見をやってから、パーティーを開催します。
    初日なので一番楽しい日ですね。
    パーティーに参加して楽しんでくれた人が、口コミで「RAKUGO」を広めてくれることを願っています。

    サンシャイン:
    落語は毎月違う話をするので、リピーターになってくれる人も出てきます。

    倉木:
    お客さんの数で公演の長さが決まってくるんですよね?

    リサ:
    チケットが売れれば続きます。

    倉木:
    今までには逆にすぐに終わったこともあるんですよね?

    リサ:
    そうですね。

    倉木:
    日本ではそんなことは有り得ないですよね。
    それがブロードウェーの面白いところだと僕は思っていて、お客さんが来てくれて熱狂していれば、それが続いて文化になっていくなんて、とても面白いことですよね。

    サンシャイン:
    今日来てくれた人が友達をたくさん連れてきてくれたら「RAKUGO」はずっと続きます。
    みなさん顔が広そうだからね(笑)

    倉木:
    ブロードウェーのプロデューサーに「あの時、日本で公演聞いたよ」って言えることなんてないと思うんですよ。

    ブロードウェイの「RAKUGO」を見に行って、「僕あの時いましたよ」って話せるきっかけをみなさん持っているんで、ぜひ「RAKUGO」を見に行ってください。

    サンシャイン:
    お客さんからの質問いきましょう。

    倉木:
    そうですね。いきましょう。

    サンシャインさんが桂文枝さんの弟子になりたいと思った理由

    参加者:
    日本にいろんな落語家さんがいる中で、なぜ桂文枝さんを選んだんですか?

    サンシャイン:
    師匠の創作落語に惚れたのと、お客さんに対してのサービス精神だったり、愛情というところにも惚れたので、師匠に習いたいと思いました。

    互いの文化を取り入れて発展していきたい

    参加者:
    日本の商業演劇に対して私は挑戦しづらい場所だと感じています。

    有名な芸能人がメインになったり、年齢層の高い時間とお金がある人しか、ファンになることが少なくて、固定された産業になっているのではないかと感じるのですが、それについてはどう思いますか?

    ジョー:
    それに関してはブロードウェイでも変わりはないですが、私たちが変えようとしているのは有名な人だけを使うのではなくて、若い人だったり、これからのニューカマーの方たちを使って、新しい冒険のようなものを作っていきたいです。

    それの冒険心のようなものを私たちが持っていることで、新しいものが生まれていくし、今回このような機会をもらって日本に来たことも一つだと思います。

    日本の新しい文化に触れて、日本の演劇を知って、そしてそれらを自分がニューヨークに持ち帰って新しいものを作るみたいに、互いが行ったり来たりして交換し合いながら、お互いの世界を一緒に作り上げていけたらいいと思っています。

    なので、今抱えているような有名な人以外いないというのは変えていくべきだと思います。

    倉木
    では、時間もそろそろなので、みなさんありがとうございました。

    そして、これから懇親会を上でやります。ゲストのメンバーも参加するので繋がりを作ってください。

    みなさん今日は本当にありがとうございました。

    (会場拍手)

    桂サンシャイン ブロードウェイに挑戦します

    日本の伝統芸能"落語"を世界的エンターテインメント「RAKUGO」へ

    桂サンシャインさんの「RAKUGO」は、国境や言語の壁を超える力を持つエンターテイメントです。

    2019年9月19日より、ニューヨーク ブロードウェイでの公演が決定しています。

    ぜひ、先頭に立って日本の文化をアピールしてくださるカナダ人落語家 桂サンシャインさんをみんなで応援しましょう。

    https://www.makuake.com/project/katsurasunshine

    RSSでは新たな一歩を踏み出す人をサポートします

    私たちR-StartupStudioは、“アイディアを持ちスタートアップをしたい方”と“コミュニティーに参加して共にスタートアップのサポートを行いたい方”のマッチングを行い、スタートアップをより身近なものにしていきます。

    興味のある方は、下記のLINE@からRSSのメンバーにご応募ください。
    https://line.me/R/ti/p/%40zgr7684u

    R-StartupStudio

    ・Facebook:https://www.facebook.com/R-StartupStudio-1959653731007937
    ・Twitter:https://twitter.com/r_startupstudio

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend