WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.
    Member Wanted Member Wanted
    • IDEA
    • BUDDY
    • GIANT
    IDEA

    アイデアをお持ちの方、または質問がある方は以下フォームをお使いください。

    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    どのようなアイデア
    をお持ちですか?
    アイデアをご記載ください。
    何か質問があれば
    ご記入ください。任意
    質問内容があればご記入ください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信が完了いたしました。
    返信をお待ちください。

    GIANTとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    BUDDYとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    • RSS Family

      R-StartupStudioのFamilyを紹介

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio

    2019 12.
    18

    日本人高校生はアフリカ人から何を学ぶ?【イベントレポート】

    RSS
    筆者

    高校生限定イベント「大人も知らないアフリカを知ろう」のイベントレポートを公開します。

    矢印

    大人も知らないアフリカを知ろう

    R-StartupStudioでは12月14日に、日本人高校生がアフリカ人から、アフリカの教育・環境・政治などについて学ぶイベント「大人も知らないアフリカを知ろう」を開催いたしました。

    アフリカに対するイメージは?

    アフリカに対してどのようなイメージを持っていますか?

    R-StartupStudioのメンバーにこの質問をしたところ、「経済格差」「発展途上」「自然豊か」の3つのキーワードが大半を占めました。

    詳しく聞くと「児童労働」や「舗装されていない道路」がイメージとしてあるようです。
    このようなイメージは、各種メディアや学校教育がきっかけだと思います。

    しかし、実際は児童労働者数は毎年減少しており、高層な建物やインフラ設備が充実する国も増えてきました。

    時間が進むにつれアフリカも発展をしていますが、私たちの知識は小学校や中学校の教科書で学んだ時のまま止まっています。
    その原因としてアフリカという異国の地に対しての興味関心が薄いことが挙げられます。

    当イベントは、”参加した高校生全員がアフリカに興味を持つこと”を目的とし、メディアや学校教育では把握できないアフリカの実態を、アフリカ人留学生から直接学んでいきます。

    参加者も主催者も高校生

    イベントを主催したのは高校2年生の上野駿介さん。
    なぜ、高校生がアフリカに興味をもち、イベントを発案したのでしょうか?

    親戚を通して京都精華大学の学長であるウスビ・サコさんと出会ったことをきっかけにアフリカに興味を持ち始めたと言います。

    ウスビ・サコさんは、アフリカ系として初めて日本の大学で学長となった方で、波乱万丈なバックグラウンドを聞き、アフリカという地域に惹かれたそう。

    今まで自分の持っていたアフリカのイメージが一新され、よりアフリカを知るために「アフリカを知るならアフリカ進出している企業に聞けば早い!」と、企業10社以上にアポイントをとったり、アフリカの在日大使館、アフリカに進出しそうな会社、アフリカ好きな大学生と、アフリカを知るために様々な行動を起こし、人脈を広げてきました。

    行動をしている中で、アフリカに興味を持つ人が少ない現実を目の当たりにし、高校生にもアフリカに関心を持って欲しいと思ったことが、イベントを起こしたきっかけだと話します。

    日本の高校生はアフリカについてどのような視点で考え、何を学ぶのか?
    イベントの様子をレポートします。

    グループに別れてヒアリング

    4、5人のグループに1人のアフリカ人が入り、日本人高校生たちはアフリカに対してヒアリングを行います。

    印象的だったのは、どのグループもコミュニケーションを英語で行なっていること。
    通訳として英語が話せる人をグループに入れていますが、ほとんどの人が自分から英語で積極的にコミュニケーションをとっていました。

    ヒアリング内容は各班によって様々。
    教育問題、環境問題などについて話し合いがなされました。

    ヒアリング内容を発表

    最後に各班の代表者がヒアリングした内容を発表します。

    子供の頃から自由に生きたいと思う少年で、小学校ではサッカーに明け暮れていました。その後、12歳でおじさんの家に行くことになり、生活環境の変化により「自分が頑張らないと家族を養えない」と感じたそうです。

    高校を卒業した時に、お父さんは大学進学を提案したそうですが、兄弟がたくさんいるため、弟たちのことも考え大学進学を諦めることに。

    これを聞いて僕は、アフリカはまだ日本のように経済面で発展しておらず、大学に進学したいと思っていても、家庭の事情で諦めざるを得ない現状があると認識したのと同時に、進学するための制度も整っていないことが分かりました。

    日本はその辺りの制度があり、自分たちがいかに贅沢をしているのかを再認識したのと、アフリカで進学意思がある人が、大学に行ける制度を作り出すことが必要だと思いました。



    ルワンダについて聞きました。
    環境について良いと思ったのは、ルワンダはプラスチックバックの持ち込みが禁止で、空港を通れないそうです。

    教育に関しては、都市では学校に行ける子どもがほとんどですが、田舎では生活のため働かないといけなく、学校に行けない子どもがたくさんいるそうです。



    教育の視点で考えると、根本的に日本とは違うということがわかりました。
    日本では裕福な家庭の子供が塾に行けて、いい大学に行けるというように、経済格差によって教育の格差も生じてしまいます。

    ブルキナファソでも、お金の問題で、学校に行けない子供たちがたくさんいるようなので、お金と教育は繋がっていることを再認識しました。

    また、ブルキナファソには先生が不足しており、一人の先生に対して多いところでは400人くらいの生徒を見ているとのことです。

    もともとフランスの植民地だったため、フランス式の教育が導入されているところも多いとのことです。

    政府が教育に介入していないため、私立の学校がほとんどで、奨学金も発展していません。

    良い面としては、私はウガンダ人とのハーフなのですが、ウガンダでは「女性は学校に行かずに働いて」という風潮だが、ブルキナソファは男女平等が進んでいて、女性だから学校に行けないということはないそうです。



    先進国の貧しいというイメージで、一時的な支援ばかりが送られて、先進国が上という認識が離れないという話が出ました。

    ルアンダは平和な国で、アフリカの他の国と一緒だと考えられています。
    アフリカにも発展している国があることを再認識しました。

    アフリカは、水力発電など、自然を使った発電方法をたくさん持っており、環境問題は日本よりも進んでいる印象を持ちました。



    ルアンダは思っていたよりも発展しており、建物やインフラの整備もしっかりしています。
    写真をネットで検索してみたのですが、想像と違っいました。

    教育は小学校の時点で、一人一台パソコンを配るということをやっていて、小学校から中学校に上がる時、中学校から高校に上がる時などに、ナショナルテストを受けるそうです。
    そのテストに落ちると再受験しなければいけないようで、教育にも力を入れていることが分かりました。

    また、フランス語や英語など、様々な言語で勉強をしているそうです。

    イベントを終えて

    今回のイベントで、アフリカの国の教育や環境の現状を聞き、全ての国ではないものの、総合的に見て、教育面はまだまだ低い水準にあることが分かりました。

    反対に、環境面では高い意識を持っていることも知れました。

    日本では大学に行くのが当たり前という風潮があり、とりあえず進学するという選択肢がある一方で、アフリカでは学びたくても家族のために諦めなければいけない現状があります。
    大学どころか、小学校すら諦めざるを得ない環境で生活している子ども達もいます。

    日本人とアフリカ人では、価値観の違いがあり、環境も違い、与えられるものも全く違います。

    高校生からは、「教育が受けられるのが当たり前という認識が恥ずかしい」という声も聞こえてきました。
    学生がアフリカについて知識をつけることで、今の「与えてもらって当たり前」という価値観を変えることで、今後の人生にも大きく影響すると感じました。

    また、環境面に関しては、まだまだ日本には課題がたくさんあると再認識しました。

    前にR-StartupStudioが行なった別のイベントで、中学生が東京のコンビニ店員の方にインタビューをしたところ、「商品を買ってビニール袋をもらう人は圧倒的に日本人が多い」との回答をいただきました。「日本人は1つの商品を買うだけでも袋に入れるのに対し、他の国の方は袋を断る人がたくさんいる」とのことです。

    環境に対しての意識をもっと普及させていく必要があります。

    今回のイベントは高校生にたくさんの新しい気付きを与えたと思います。
    学校教育ではあまり取り上げられない、インフラ設備が充実している国が増えている現実など、アフリカの実態を知るのと同時に、教育面・環境面で外国から日本を見たことで意識の変わり目になるイベントとなりました。


    R-StartupStudio

    私たちR-StartupStudioは、「日陰を照らす太陽となれ」という理念のもと、自発的に与え高め合う革新的な文化の創造を進めています。

    異なる領域・スキルを持った人が自身の得意分野で力を出し合い、プロジェクト単位で関わることにより、より大きな事業を次々と作り出すことが可能に。

    そして、いま世界が抱える様々な社会課題を解決していくために、7年間で2000のイノベーティブなプロジェクトを創出することをミッションとし、様々なスタートアップの支援をおこなっています。


    “アイディアを持ちスタートアップをしたい方”と“コミュニティーに参加して共にスタートアップのサポートを行いたい方”のマッチングを行うことで、創業時のハードルとなる「知識」「経験」「技術」などを補い、スタートアップをより身近なものにしていきます。


    ・自らのアイディアを元にスタートアップを目指している
    ・今持っている知識や技術をスタートアップに用いたい
    ・将来的にスタートアップを立ち上げる為に、実際にサポートをしながら学びたい
    ・最先端のスタートアップで活動してみたい
    ・平日は会社に勤めているが、週末だけ自分のスキルを使って社会課題に取り組みたい
    ・子どもの教育に関心をお持っている
    ・若い世代の活動を応援したい

    このような方はぜひ下の画像をクリックし、公式LINEからご連絡ください。お待ちしています。

    最新情報はこちら
           

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend