WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.
    Member Wanted Member Wanted
    • IDEA
    • BUDDY
    • GIANT
    IDEA

    アイデアをお持ちの方、または質問がある方は以下フォームをお使いください。

    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    どのようなアイデア
    をお持ちですか?
    アイデアをご記載ください。
    何か質問があれば
    ご記入ください。任意
    質問内容があればご記入ください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信が完了いたしました。
    返信をお待ちください。

    GIANTとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    BUDDYとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    • 第3回クックキッズ開催報告

      第3回のクックキッズの模様をお伝えします。

    • 信頼という概念のない社会へ。人が強い繋がりを持てるコミュニティーを作ります。コミュニティーソリューションプロジェクト

      コミュニティーを通して、人と人が信頼という概念がなく付き合える社会を。野村勇介 愛知県出身 1987年1月3日生

    • SDGsは自分の世界を広げるツール?/中高生発のSDGsアクションを実現する学生団体とは?

      学生団体SustainableGameの代表 山口由人さんにインタビューした内容をお伝えします

    • R-StartupStudio Azabu FlagHubに「オフィス書店」を導入しました。

      Azabu FlagHubに「オフィス書店」を導入

    • スポーツチームの人数不足の問題を解決!チームと助っ人のマッチングサービス「スケッターズ」

      スポーツで世界を笑顔に。スケッターズ プロジェクト 前田拓也

    • 桂三輝 ブロードウェイ公演絶賛上演中!メイキング映像が完成しました!

      ニューヨークから桂三輝のメイキング映像が届きました!ぜひご覧ください。

    • 第3回クックキッズ開催決定

      クックキッズ開催のご報告

    • 株式会社PHIが目指す組織の形。 DAOにより実現可能となる新しい組織構造とは?

      大学1年生の時にDAOに注目し構想を練り始めたという、株式会社PHIのCEO 岡さんに「DAOに注目した理由」を聞きました。

    • 与論島で日本初のトークンエコノミーの実証実験開始! 株式会社PHIがシステム制作を行なっています!

      トークンエコノミーの実証実験のご案内

    • RSS Family

      R-StartupStudioのFamilyを紹介

    • 初日55%達成!SDGs15歳女子高校生起業家の挑戦!!

      15歳の新たな挑戦のご紹介

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio

    2019 9.
    18

    島の良さを守る?与論島でのトークンエコノミー実証実験を行いました

    RSS
    筆者

    与論島の実証実験を終えての感想を聞きました

    矢印

    R-StartupStudioも支援をしている株式会社PHIは、8月25日〜8月31日まで鹿児島県の最南端の自然豊かな島である与論島で、日本円を使わない経済圏「トークンエコノミー」の実証実験を行いました。

    本プロジェクトは、トークンエコノミーの実証実験でありながら、与論島の良さが世の中に広まる機会として、様々な企業や地方自治体と協力し進めてこられました。

    そんなプロジェクトの根幹であるトークンエコノミーのシステム開発を支えた株式会社PHIの代表 岡崇さんに、プロジェクトを終えての感想をインタビューしてきました。

    エコノミーの本質的な価値が何かを考える機会になると考えています

    ー今回のプロジェクトの目的は?

    今回はトークンエコノミーの実証実験が目的です。

    まずトークンエコノミーがどういうものか説明します。簡単にいうと地域やコミュニティー内で流通する独自のトークン(ポイントのようなもの)を発行して、そのトークンのやり取りで回る経済圏だと思ってください。日本だったら日本円というトークンで回っているトークンエコノミーですね。

    トークンエコノミーを実現しようとすると、そのエコノミーの本質的な価値は何かを考え直す機会になると僕は考えているんですよね。

    例えば、日本円というトークンを用いた日本で考えると、「日本円の本質的な価値は何か?」と質問された時に答えられる人はほとんどいないと思うんです。

    もちろん国家的信用とか色々あると思うんですけど、僕らは体感したことがない目に見えないものだし、よくわからないんですよね。「お金ってそもそもなんだ?」という感覚に陥ってしまうと思うんです。

    僕はトークンエコノミーで、肌に感じて実感できる身近なものを本質的価値として回るエコノミーの達成をしたかったんです。

    それで、日本という大きな規模ではなく、もっと小さな規模で実感できる価値をベースとしたトークンエコノミーの実証実験をしようと決めました。

    地方でトークンエコノミーの実証実験をやってみたかったんです

    ー与論島を選んだ理由は?

    今回、与論島を選んだ理由は今回のプロジェクトリーダーが、与論島でトークンエコノミーの実証実験をしたいという話を持ってきたんですね。

    僕もいつか地方でトークンエコノミーの実証実験はやってみたいと思っていたので、僕が持っているトークンエコノミーの考えを伝えて、意気投合したので協力することにしました。

    正直にいうと、話を持ってきてくれたからという理由なんですけど、今考えてみると初の実証実験に与論島を選んで本当に良かったと思っています。

    自分の生まれ故郷をもっと好きになってほしいんです

    ー岡さんが考える「トークンエコノミー」とはどのようなものですか?

    僕は「エコノミーの本質が何かを見極めるツール」だと考えています。

    トークンエコノミーは、そのエコノミー内の価値がトークンになります。なので、自然とその価値って何かを考えるきっかけになります。

    今回の与論島でのプロジェクトでも、まず最初に島の人たちも含めて「与論島の本質的な価値ってなんだろう」ということから考え始めたんですが、島の人も考えたことがなかったんですよね。

    人って面白くて、自分の一番身近なものを一番知らないんですよ。

    例えば、僕は福岡県の福岡市にある姪浜の出身なんですけど、そこの人たちに聞いてみても姪浜がどういう立地で、どういう歴史を辿ってきて、ということを知らないんですね。

    逆に姪浜に興味を持ってきた観光客の方が詳しいんですよ。

    もっというと、大阪城の歴史を語る外国人とかいるじゃないですか?
    そういう人の方が現地の人よりも圧倒的に詳しいんですよ。

    こういうの、僕は嫌なんですよね。
    自分の生まれ故郷とか、育った町のことをもっと知ってほしいし、もっと好きになってほしいと思うんです。

    自然と文化が与論島の本質的な価値になります

    ー与論島の価値を何に設定したんですか?

    現地の観光協会の方も含めて、プロジェクトメンバーで一緒に考えたんですけど、与論島の価値はやっぱり「島の文化」とか「島の自然」だということになったんです。

    与論島に行く理由ってまったりした時間を過ごすためじゃないですか?

    だから、自然と文化が本質的な価値になると僕たちは考えて、今回は与論島の自然とか文化を価値としたトークンを発行しました。

    それがヨロントークンです。

    ゴミ拾いがエンターテイメント化してくれたら面白いと思っています

    ートークンを手に入れる方法は?

    今回はそのエコノミー(与論島)にとって、自然とか文化に対してプラスなことをすればトークンが手に入る仕組みにしています。

    それも些細なことでよくて、例えば与論島内に写真撮影スポットを設定し、そこの自然の風景を写真で撮ってSNSに投稿するだけでトークンを配りました。与論島の写真が発信されることで、その土地のPRにもなりますし、与論島の良さをもっと多くの人に知ってもらいたかったので。

    あと、島のゴミ拾いにもトークンを配りました。

    海辺のゴミってたくさんあるんですよ。
    現地の人が、毎朝ゴミ拾いをしてくれているのですが、僕たちがお昼前にゴミ拾いを開始したら、ものすごいゴミの量が残っていたんです。海辺のゴミが多すぎて現地の方だけでは取りきれないんですよ。

    なので、ゴミ拾いをしてくれた方にもトークンを配ったのですが、ここで大事なのは何リットルのゴミを集めたかではなくて、「どれだけのあなたの大切な時間をボランティアに捧げてくれたか?」ということだと思うんですよ。

    目に見えるものよりも、実際にどれだけ行動してくれたのかが大事だと思ったので、ゴミ拾いが始まってから終わるまでの時間の計算をして、その時間分のトークンを付与するように設計をしました。

    このようにトークンを配布することで、ゴミ拾いがエンターテイメント化してくれたら面白いと思い作りました。

    こんな感じで、自然を守るなどの島に対して良いことをした人に対してトークンを付与しました。

    島のために行動して得たトークンで、さらに島を知れる仕組みを作りました

    ートークンはどのように使えるのですか?

    今回は島のお店や施設と協力して、スーパーで買い物に使えたり、カフェで使えたり、居酒屋でも使えたりと、島内のほとんどの商業施設で集めたトークンを使えるようにしました。

    でも、今回のトークンの使用先に追加して良かったと思うのは、島の伝統を学べる使い方も用意したことですね。

    与論島には与論の民族村を継承する村があるんですよ。観光客もたくさんくる場所なんですけど、そこで地域の伝統の染物だったり、編み物の体験をトークンで買えるようにしたんです。

    島のために行動して得たトークンで、島のことをさらに知れる体験を買えるようにしたのは、本当にやって良かったですし、参加者にも大人気でした。

    伝統工芸品を買ったり、その技術を取得できたり。
    さらに些細なことでいうと、島の人が与論島で昔に体験した話を酒の席で聞けたりとか、現地の人しか知らない与論島の歴史や良さをトークンを払って聞けるようにしました。

    島の人が島のことを知るきっかけが作れました

    ー地元の方の反応は?

    地元の方にもポータルを使ってもらい、嬉しい言葉をたくさんもらいました。

    僕が個人的に一番嬉しかった言葉は「10年ぶりに思い出の土地に行きました」と言ってもらえたことですね。

    今回の写真撮影でいろんなスポットを用意していたので、普段はあまり行くことがない絶景スポットに足を運んでくれた方が僕にわざわざ話してくれました。

    普段生活をしていると毎日同じエリアの行き来で、思い出の土地もなかなか行く機会がないですよね。

    今回のプロジェクトで観光客だけでなく、現地の方も特別な日を過ごしてもらえて良かったです。

    他にも「昔を思い出せていい機会になりました」「与論島の良さをもう一度見つめ直すきっかけになりました」という言葉をもらって、そのきっかけづくりを僕たちができたというのが本当に嬉しかったです。

    島の人が島のことを知るって、こういう特別なきっかけがないとできないと思うんです。

    だから、今回のようなイベントを他の島とか地域でもやっていきたいと思っています。

    「島の人とどれだけ関わったか?」を計測しました

    ー今回の実証実験の目標は達成できましたか?

    当初の目標では取りたかったデータは「滞在時間」なんです。
    トークンが得られるということによって、その場での滞在時間が伸びるのかどうかを測りたかったんです。

    ただ、今回島の人と協議していく中で、実証実験の目的が変わりました。
    何を測ってほしいか聞いたところ「島の人とどれだけ関わったか?」が知りたいと一般の人から意見をもらいました。

    「島の人とどれだけ触れ合えたか」とか、「どれだけ島の人と文化の共有ができたか」というところを提案して頂いて、僕自身も与論島の人の暖かさとかを感じていたので、今回の観測はこれが良いと思い、そこの検証に切り替えました。

    稼いだトークンを使って民族村の伝統工芸を知れたり、島の方とお話をして歌を聴かせてもらったりして、そこの部分のデータも取れたので良かったです。

    現地の人と触れ合うことで、参加者の文化や自然と触れ合う時間も延びたと思うので良かったです。

    価値を再認識してもらえました

    ー今後どのようなことをしたいですか?

    今回はトークンエコノミーを用いることで、与論島の自然や文化の価値を多くの人に知ってもらえたと思いますし、何より現地の人に自分たちの住んでいる場所の価値を再認識してもらえたので大成功です。

    今後も他の島や地方でトークンエコノミーの活用をしていきたいと考えています。

    インタビューを終えて

    今回、日本初のトークンエコノミーの実証実験を終えた株式会社PHIの岡さんにインタビューを行いました。

    「観光客が与論島を好きになるためだけでなく、現地の人にも価値を再認識して欲しい」という岡さんの気持ちが強く伝わりました。

    R-StartupStudioから与論島に参加したメンバーからも
    「今回のイベントがあったから現地の人とたくさん会話ができて、普段の旅行では体験できない特別な日になりました。ネットには載っていない、現地の人しか知らない情報を教えてもらえたのも良かったです。」
    と、今回のプロジェクトだからできた体験に価値を感じていました。

    今後、他の地域でも開催していきたいとのことなので、次回はぜひあなたもご参加ください!

    R-StartupStudio
    私たちR-StartupStudioは、“アイディアを持ちスタートアップをしたい方”と“コミュニティーに参加して共にスタートアップのサポートを行いたい方”のマッチングを行い、スタートアップをより身近なものにしていきます。

    興味のある方は、下記のLINE@からRSSのメンバーにご応募ください。
    LINE友達追加

    また、最新情報はこちらからお受け取りください。
    RSSのFacebook
    RSSのTwitter

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend