WANTED メンバー募集中
再生
Cloud Team Building Service 「クラウドチームビルティングサービス」を動画で詳しく知ろう
閉じる
Cloud Team Building Serviceとは? Cloud Team Building Serviceとは?
社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり 社会課題を解決する為のスタートアップを成功させる新しいチームづくり
IDEA IDEA
BUDDY BUDDY
GIANT GIANT
R-StartupStudioのリソース R-StartupStudioのリソース
R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります R-StartupStudioのリソースについての説明リード文が入ります
SPACE SPACE
BACKOFFICE BACKOFFICE
MEDIA MEDIA
CAPITAL CAPITAL
NETWORK NETWORK
MENTER MENTER
Thank you for Reading. Thank you for Reading.
    Text Slide ver.
    Member Wanted Member Wanted
    • IDEA
    • BUDDY
    • GIANT
    IDEA

    アイデアをお持ちの方、または質問がある方は以下フォームをお使いください。

    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    どのようなアイデア
    をお持ちですか?
    アイデアをご記載ください。
    何か質問があれば
    ご記入ください。任意
    質問内容があればご記入ください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信が完了いたしました。
    返信をお待ちください。

    GIANTとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    BUDDYとして
    ジョイントしたいIDEAや
    FAMILYを探しましょう

    • 第3回クックキッズ開催報告

      第3回のクックキッズの模様をお伝えします。

    • 信頼という概念のない社会へ。人が強い繋がりを持てるコミュニティーを作ります。コミュニティーソリューションプロジェクト

      コミュニティーを通して、人と人が信頼という概念がなく付き合える社会を。野村勇介 愛知県出身 1987年1月3日生

    • R-StartupStudio Azabu FlagHubに「オフィス書店」を導入しました。

      Azabu FlagHubに「オフィス書店」を導入

    • RSS Family

      R-StartupStudioのFamilyを紹介

    • SDGsは自分の世界を広げるツール?/中高生発のSDGsアクションを実現する学生団体とは?

      学生団体SustainableGameの代表 山口由人さんにインタビューした内容をお伝えします

    • 与論島で日本初のトークンエコノミーの実証実験開始! 株式会社PHIがシステム制作を行なっています!

      トークンエコノミーの実証実験のご案内

    • 初日55%達成!SDGs15歳女子高校生起業家の挑戦!!

      15歳の新たな挑戦のご紹介

    • スポーツチームの人数不足の問題を解決!チームと助っ人のマッチングサービス「スケッターズ」

      スポーツで世界を笑顔に。スケッターズ プロジェクト 前田拓也

    • 桂三輝 ブロードウェイ公演絶賛上演中!メイキング映像が完成しました!

      ニューヨークから桂三輝のメイキング映像が届きました!ぜひご覧ください。

    • 株式会社PHIが目指す組織の形。 DAOにより実現可能となる新しい組織構造とは?

      大学1年生の時にDAOに注目し構想を練り始めたという、株式会社PHIのCEO 岡さんに「DAOに注目した理由」を聞きました。

    • 第3回クックキッズ開催決定

      クックキッズ開催のご報告

    閉じる
    閉じる

    R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio R-StartupStudio

    2019 6.
    26

    男女でこんなに違う!?女性の購買意欲を理解しよう!

    RSS
    筆者

    男女の違いを理解し、それぞれの購買意欲を理解するためのセミナーを開催しました。

    矢印

    男性と女性では商品の響くポイントが違うことをご存知でしょうか?
    男女の違いを理解し、相手に合わせたマーケティング方法を学ぶことで売り上げを最大化させることができます。

    株式会社R-StartupStudio(以下RSS)の運営施設、Azabu FlagHubで6月23日に「女性の購買意欲を掻き立てる方法」を題材に”女性に売る専門家”の谷本理恵子さんのイベントを開催しました。

    マーケティングで重要なのは自分と他人は違うということを知ることです。これを受け入れないとビジネスはうまくいきません。

    「男性の自分に響くからこのキャッチコピーで女性にも売れる」
    「今までこの方法で売れていたのだから、今回も大丈夫」
    このような考えを持っていませんか?

    男性と女性では思考回路が違い、響くポイントも異なります。また、商品が変わればターゲットも変わるので、アピール方法も変える必要があります。

    今回は男女の物の見方の違いを理解することで、それぞれに最適なアピール方法を学びます。

    講師の紹介

    ・谷本理恵子さん
    株式会社グローアップマーケティング代表取締役

    インターネット通販の運営責任者として、4社6年に渡りWebマーケティングの最前線で多様な実務を経験した後、ダイレクト出版認定セールスライターとなったことを機に独立。現在は、セミナーや講演、コンサルティングやオンラインサロンなどを通して、女性特有の購買心理を活用した効果的な文章やデザインの見せ方を伝えている。

    著書『プリンセス・マーケティング』『女性に「即決」させる文章の作り方』など、多数執筆。

    売れる、売れないの違いとは?

    売れるか売れないかの違いは文章が決めるわけでも、デザインが決めるわけでもありません。大事なのは、顧客の心理がわかっているかどうかだけです。

    顧客の心に”どうしたら刺さるのか”がわかれば文章が下手でも、デザインがイマイチでも商品は売れます。

    極端に言えば、顧客の気持ちさえ分かれば他はどうでもいいんです。

    講師の谷本さんは商品のセールス文章の作成依頼を受けた時、クライアントの話は聞いていないそうです。販売者の商品のアピールポイントを説明されても現状で売れてないという事実は変わりません。顧客に響かせるにはそれ以外のポイントを伝えなければいけません。

    谷本さんは販売者ではなく、顧客から情報を聞き出します。

    顧客は商品やサービスを買っているのではなく、手に入れたそのさきの気持ちを買っているので、クライアントにお客様の紹介をしてもらい、その人にインタビューをして、その気持ちをで聞き出します。

    そして、その気持ちを文章に乗せて届けています。

    インタビューをして分かった女性と男性の3つの違い

    谷本さんはたくさんの方へのインタビューを通して、男性と女性で商品の購入を決定づけるポイントが異なることに気づきました。

    「何を伝えたら買いたくなるのか?」
    「どこで迷って、どこで決めるのか?」
    「情報の収集の仕方」

    これらが男女で全く違ったのです。

    これらの違いを分析したところ男女の違いとして大きく分けて3つのポイントが挙げられました。

    ・モチベーションが異なる
    ・信頼をとる方法が異なる
    ・見せ方の重点が異なる

    この3点を解説していきます。

    モチベーションが異なる

    男性が望む商品は、自分がより良くなるものです。
    目の前に階段があり、その階段を早く登れるアイテムが男性の求めているものです。

    しかし、女性は目の前の階段などという概念はなく、本来の自分を表現するために商品を手に入れようとします。

    このように男性は成長していく、自分を伸ばしていくために商品を買うのに対して、女性は足りていないのは仮の姿と捉え、この商品を買うことで本来の自分になれるという思考を持っています。

    なので、女性に関しては「本来の自分とは何か?」に訴えかける文章が購買意欲を高めます。

    例えばダイエットの場合、男性には太っている人の写真を見せてダイエットを促しますが、女性に効果的なのは、最初から痩せている人の姿を見せて、「私も本来はあれなんだ」と思わせることが大事です。

    このように男女では考え方に大きな違いがあります。

    信頼をとる方法が異なる

    男性は客観的な情報を信頼します。

    例えば、男性は「価格.com」を見て、様々な人のレビューで買うものを決め、一番安い場所で購入します。人の意見や数字から信頼感を得て購入します。

    それに対して女性は「価格.com」を見て商品を買うことはなく、統計データは他人事と捉えるため、数字などには響かないのが特徴です。

    また、男性は「あの商品は全く効果がありません。ですがこの商品はこんなに効果があります。」など、従来の商品を批判したアピール方法でも大丈夫が、女性には逆効果で「より良くなりました」ということを伝える方が伝わります。

    このように女性と男性では商品の信頼する方法が異なります。

    では、女性にアピールするにはどのようにすればいいのでしょうか?

    それは、主観情報を盛り込むことが有効です。
    そして、この3つのポイントが特に響く主観情報といえます。

    ・典型的なあるある場面
    「膝が痛くて階段の上り下りが大変だったけど、この商品を試してから膝の痛みがなくなりました」など、よくある状況を提示して、改善したことを示すのが効果的です。「この人に効果があるなら私にも効果がある」と思いこむ傾向にあります。

    ・作り手の思い
    スーパーの野菜に作り手の写真が載っていることがありますが、あの写真は女性にはとても効果的です。
    その人が本当に作ったのか?無農薬なのか?はわからないですが、顔が見えていることによって安心し、信頼につながります。また、生産者の思いに響くという特徴があります。

    ・擬音語・擬態語
    「もちもち」「ツルツル」「たっぷり」など、女性は男性以上に擬音語に目が止まります。
    なので、擬音語をたくさん用いることで魅力的に見えます。

    見せ方の重点が異なる

    WEBページなどの見方も男性と女性で異なります。

    男性は左上から順番に読むのに対して、女性は規則的には読みません。女性は飛ばし読みをします。

    「ピンッとくる」「ときめく」と感じた場所に直感で目をとめます。

    なので、女性用にページを作るときは、飛ばしやすく作ることを心がける必要があります。

    ポイントはこの4点です。

    ・見出しをつける
    文字に大小の違いを持たせ、重要なワンポイントを目に止まらせるように工夫が必要です。

    ・蛍光黄色ライン
    蛍光のラインでも目に泊まらせることができます。すぐに理解できる文字数は限られているので、ラインを引くのは13文字までにしましょう。

    ・パートごとの区切り
    区切りをはっきりさせて飛ばしやすくし、区切りがどこまでかわかりやすくしましょう。

    ・写真でイメージ
    写真で伝えられることは文字ではなく写真で瞬間的に捉えられるようにするといいです。

    これらのポイントを取り入れて、見せ方を工夫してみてください。

    さいごに

    今回の講義では男女の違いについて解説していただきましたが、谷本さんは、「男性女性が違うということよりも、他の人と自分は違うと思うことが大事。」と話してくださいました。

    他の人は、自分と異なる点を重視して意思決定をすることがあるということを忘れてはいけません。

    また、セールスの文章には自分たちの意見ではなく、顧客の視点に立ってアピールすることが必要です。なので顧客の意見をそのまま使うことでより伝わる文章になります。


    RSSではスタートアップが失敗する大きな原因でもある、マーケティングについてもサポートしています。

    「7年で2000個のイノベーティブなプロジェクトを創出する」ことを目標にサポートを続けていきます。

    サポートに関する詳しい情報は『Cloud Team Building Services』をご覧ください。

    また、コミュニティへの参加、スタートアップの相談のほか、各種イベントへの申し込み、その他質問・お問い合わせはLINE@へ。

    LINE@URL:https://line.me/R/ti/p/%40zgr7684u ID:@zgr7684u

    For Request

    「取材を希望する方」もしくは「この記事のアイデアに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「このファミリーに参加したい方」は、のボタンからお願いいたします。

    「取材を希望する方」もしくは「RSSと共にスタートアップを始めたい方」は、のボタンからお願いいたします。

    Contact for MEDIA 取材の申込み Contact for MEDIA 取材の申込み
    Member Wanted メンバー募集中 Member Wanted メンバー募集中
    Joint this IDEA このアイデアにジョイントする Joint this IDEA このアイデアにジョイントする
    Joint this IDEA このファミリーにジョイントする Joint this IDEA このファミリーにジョイントする
    StartUp
    取材をご希望/ご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。
    ご担当者様名
    お名前を入力してください
    会社名
    会社名をご入力ください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    お問い合わせ内容
    お問い合わせ内容を入力してください
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる
    Joint this IDEA
    この記事のプロジェクトにBUDDYもしくはGIANTとして関わりたい方、
    または質問がある方などは以下フォームからご連絡ください。
    お名前
    お名前を入力してください
    メールアドレス
    メールアドレスを入力してください
    このプロジェクトに
    どのように
    関わりたいですか?
    どのように関わりたいかをご記載ください
    このプロジェクトに
    ついて何か質問は
    ありますか?任意
    個人情報保護方針に同意する
    内容を確認後、チェックを入れてください
    個人情報保護方針

    個人情報保護方針」

    R-StartupStudio(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    ■個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    ■個人情報の利用目的
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

    ■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合

    ■個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

    ■ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    ■法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ■お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。


    株式会社R-StartupStudio
    〒106-0041
    東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル1F

    sending...
    送信完了
    送信が完了いたしました。
    スタッフからの返信をお待ちください。
    CLOSE
    閉じる
    閉じる

    Recommend